FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

高齢のコーギーの精巣腫瘍の外科手術
 停滞精巣は、子犬の時に
ワクチン接種時などの健康診断で診断されることが
多く、ほとんどの飼い主さまが、そのことをご存じです。

 この子は、膵炎が重度で転院されて来られました。
膵臓のエコー検査で、腹部に腫瘤があり、それも左右両側にありました。
飼い主さまにお聞きすると、去勢はしていない。
また、精巣がお腹の中にあることも知らなかったようです。
 以前の病院で、エコー検査時に
お腹の中にしこりがあるが、様子を見て良いと言われたようでした。

 お腹の中にある精巣は、腫瘍化していたので
開腹して切除を行いました。

 右側は、膀胱の横にありました。
大きさは、正常の精巣と同じでした。

 P8100655_convert_20180813150525.jpg

 左側は、腸間膜に癒着しており、
腎臓と膀胱の中間に位置していました。
大きさも、正常より大きく、変色していました。

 P8100657_convert_20180813150600.jpg

 腫瘍の切除は20分で剥離と切除を行いました。
その後、お腹を閉じて、覚醒させました。
翌日の朝には、退院となりました。

 病理結果は、右側は萎縮を認めるも
構造は正常でした。
 癒着を起こしていた、左側の精巣は、
セルトリ細胞腫でした。
 犬のセルトリ細胞腫は、精巣の腫瘍の中で多く、
人では、稀な腫瘍とされています。
 病理検査では、脈管転移は認めず、完全に切除できていました。

 このように、他の疾患で腫瘍が見つかることが多く、
特に超音波検査で予期せず、腫瘍を発見することがあります。
この子も、膵炎と腸炎の検査時に腫瘍が見つかりました。
 手術後は、翌日に退院でき
抜糸も1週間後に行います。

 精巣が、お腹の中に残っている停滞精巣の子は
定期的に超音波検査で精巣の確認をしておいた方が良いのかもしれません。
 


スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.