FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ブルドッグのチェリーアイの外科手術
 チェリーアイは、犬に多く発症する
瞬膜の中の瞬膜腺の変性を伴う、疾患です。

 瞬膜腺の変性とは、軟骨が変形し
眼瞼部より飛び出す状態です。
原因は不明ですが、1歳未満で発症するタイプは
遺伝性も考えられています。
 一度発症すると
再発を繰り返すことがあります。
片側のみ発症するタイプと、
両側に発症するタイプがあります。
 
 この子も、出た時は目に点眼麻酔を行い
元に戻しましたが、再発したため手術となりました。

P1060910_convert_20171027153304.jpg

 手術は、埋没縫合と、摘出があります。
縫合法は、再度、出なくするため瞬膜に埋没させる方法で、
摘出は、瞬膜腺のみ切除します。

 以前は、瞬膜腺を切除すると
ドライアイになると言われていましたが、
摘出する場所と切除部位が正しければ
問題ないと言われています。
大学病院でも切除法を行っている先生もいます。
 
 手術法に関しては、
麻酔時間、出血量などを考慮し、手術法を
選択しています。
どちらの手術も全身麻酔下で行います。

 手術法に関しては、
担当獣医師と、犬種、年齢などを含め
ご相談の上、決定されることをお勧めします。

 

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.