新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

長期経過した犬の会陰ヘルニアの外科手術
 去勢をしていない男の子に
多く見られる病気の中に、会陰ヘルニアがあります。

 会陰ヘルニアとは、肛門周囲の筋肉が痩せてきて
直腸を抑えることができず、肛門側に直腸が出てくる病気です。
 症状は、便が出にくい、お尻が腫れている、
排便に苦しんでいるなどです。
 多くが、中高齢の未去勢の犬です。
中に、雌犬にも発症します。

 この子は、以前から、近くの病院で
会陰ヘルニアと診断され、経過を見ていました。
 経過を見ていたのですが、徐々に悪化し
紹介で手術希望で来院されました。

 初診時には、右側の会陰部から
直腸、前立腺、膀胱が突出していました。
排便は可能でしたが、経過が長いため、
肛門周囲の筋肉はすべて、薄くなっていました。

P1060813_convert_20170917105042.jpg

  飼主様に、手術が必要なこと、同時に去勢も行うこと
手術法が多くあることなどを説明させていただきました。

 手術法は、各獣医大学により、方法が異なりす。
多くが、筋肉が低下し薄くなり、穴が空いたスペースを
筋肉で閉じる方法と、メッシュなどのガーゼなどを
使い、穴を閉じる方法があります。
 各方法とも、穴を閉じるという意味では
同じ手術になります。
 開腹手術を行う方法もあります(VSOPなど)

 各方法に長所、短所がありますが、
その子にあった手術法をお勧めしています。

 この子は、片側のヘルニアだったので
手術法は、仙結靭帯と内閉鎖筋、外肛門括約筋を
縫合閉鎖する方法を選択しました。

皮膚を切開すると、大きなスペースができており、
このスペースに前立腺、膀胱が飛び出ていました。

P1060814_convert_20170917105105.jpg

 縫合糸で5箇所結紮し、ヘルニア孔を塞ぎました。

P1060816_convert_20170917105135.jpg

P1060818_convert_20170917105158.jpg

 この手術は、開腹しないこと、
入院が1日もしくは、日帰りが可能なこと、
手術法がシンプルなこと、などから
北海道の大学病院(酪農大、北大)でも行われています。

 当日は毛刈り、消毒、手術となり
1時間で手術は終了し、夕方に帰宅となりました。
帰宅時は歩いて帰宅できますが、なるべく、
おとなしくして欲しいのでケージに入れて帰宅されました。
 手術後は、自宅で、経過を見ていただき
10日後に抜糸を行いました。
 術後も、お利口さんで術部を舐める程度で
無事、抜糸を行えました。
排便も、退院後から順調に行え、
飼主さまも、久しぶりの快便で喜ばれていました。

 左側は、筋肉が低下しているものの、
手術は必要なく、去勢を行うことで、
これ以上の筋肉が薄くなるのを制御しました。

 会陰ヘルニアは、去勢を行っていると
なりにくですが、去勢をしないと発症するわけではありません。
もし、発症した場合は、去勢を行っても
進行を抑制できるかもしれませんが、治ることはありません。
 
 排便時、お尻の周囲が腫れている、
便秘のような症状があるなどの場合は、
ご相談してください。
 診断は、直腸検査で簡単に診断できます。
診断後は、担当獣医師とご相談の上、
治療法を選択されると良いと思います。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.