FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の腫大化した皮下脂肪腫の外科手術
 犬の皮下に多く発生する腫瘍に
脂肪腫があります。
脂肪腫は、読んで字のごとく、
脂肪細胞が腫瘍化した良性の腫瘍です。
まれに悪性の脂肪腫もありますが、
ほとんどが良性と言われています。
 脂肪腫は、術前診断が簡単で
触診と針生検(病理検査)で可能です。

 この子も、皮下にイボができて
来院され、病理検査で脂肪腫でした。
飼主様には、すぐに手術を行っても良いし
経過を見て、大きくなるようであれば、
手術しましょうと話をしていました。

 その後、半年経過し、大きくなったので
手術をして欲しいと来院されました。
触ると大きくなっていたので、手術を行うこととなりました。
 術前に毛を刈ってみてびっくり。
かなり大きく腫大していました。

 P1060849_convert_20170829172744.jpg

 飼主様は、毛の上から触るので
大きくなっていることに気づきにくいのでしょう。
手術は、ここまで大きくなっている場合、
皮膚も一部、切除します。
大きくなると、筋肉の下に浸潤するので
大きくなっても気付きにくいようです。

 手術は簡単で、このサイズでも
1時間で終了します。
入院も半日でよく、夜から食事も取れます。
 抜糸は、7〜10日くらいで行います。
手術費用は、手術時間、難易度により異なりますので、
飼い主様と担当獣医師と事前に相談の上、手術を行っています。

 腫瘍を見つけたら、病理検査、治療法の選択、治療もしくは
経過観察と覚えてください。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.