新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の潜在精巣
 犬も、猫も男の子は精巣(タマタマ)が2個あります。
しかし、産まれてからその精巣が陰嚢(玉袋)に落ちてこない子がいます。
その病気を潜在精巣(陰睾)といいます。
 犬では、特にチワワなどの超小型犬に多く見られますが、
猫では極めてまれなケースでした。

 本院ではここ数年、精巣が落ちてきていない猫ちゃんが
多く来院されるようになっています。

 この子も、片側(左側)の精巣は陰嚢にありましたが、
もう片方が見つかりません。

 猫の陰睾1

 写真ではわかりにくいかも知れませんが
真ん中に見えているのが、おちんちんで、その下に
精巣が1つだけ見えています。
 もう1つがお腹の中にあります。
 
 手術前に超音波でお腹の中の精巣を確認しましたが
犬と違い、またこの子が子猫のため、
精巣が小さいので見つかりませんでした。
 犬の場合、結構な確立でお腹の中の精巣は確認できますが。
 
 飼主さんとお話をし、片側の精巣だけ取っても
マーキングなどの行動は治らないことなどを伝え、
今後のことを考えた上で、お腹を開けて精巣を取ることに決められました。

 手術は成功で、お腹の中に左側の精巣があり、
無事、切除できました。
 その精巣の写真がこれです。

猫の陰睾 2

 大きいほうが、陰嚢のなかにあったほうで、
小さいほうがお腹の中にあった、左側の精巣です。
 やはり、お腹のなかにあった精巣は外にでていた
精巣に比べ、大きくなれないようです。
 
 この『潜在精巣』という病気は犬に多く
遺伝性であることが多いと理解されています。
しかし、猫の場合、遺伝性と思われていますが
ここ最近、この手術が増えてきているので、今後の課題となりそうです。



 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.