FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬猫の腎不全の検査(蛋白尿:クレアチニン比)の重要性
 犬猫の腎不全は、現在、治す医療というより
付き合っていただく医療になっています。
人の場合、腎臓病の治療には
腎臓移植、透析などが行われています。

 犬猫の場合、道内で、腎臓移植を行っている施設はなく
透析を行っている施設も減っています。

 犬猫の腎臓病は、今まで血液検査のみで
重症度を判定していたり、腎臓病の有無を決めていましたが
現在は、画像診断、血液検査、尿検査、病理検査により
人と同じように、総合的に判断します。 

 では、犬猫の腎臓病はどうしたら良いのでしょうか?
それには、早期発見早期治療と言われています。
 早期発見と言っても、何をすれば良いのでしょうか?
腎臓の機能を早期に見つけるには、尿タンパクの有用性が示されています。

 今までは、血液検査(BUN,CREA)などで腎臓病を見つけていました。
今でも、 IRIS(International Renal Interest Society)はCREAによる
ステージ分類を行っています。

 犬猫の尿検査は有用でしょうか?
先ほど、記載したように犬猫の腎臓病は
血液検査により重症度を決定しますが、猫の負担の少ない腎臓病の指標は?というと
尿タンパク:クレアチニン比(UPCが有用です。

 尿タンパク:クレアチン比(UPC)とは
腎臓から漏れ出たタンパクとクレアチニンの比率を測定し
腎臓の重症度、予後を判定する検査です。

 猫の微量な蛋白尿は予後を悪化させるという論文があり
(J Vet Intera Med 2006,J Small Animal Proc 2006)
当院でも尿タンパクと尿タンパク:クレアチニン比を計測しております。

 もし、腎臓病が疑われると指摘された時は
検査が必要ですが、心配だけど、痛いことや病院に連れて行くのは
という方は、尿検査をお勧めしています。
当院では、尿タンパク:クレアチン比を計測する機器を
導入したので、尿をご持参してだければ、数分で結果が出ます。

 猫の腎臓病の重症度や経過を見る検査も
徐々に多くなってきました。
 最近では、SDMAという検査も行われるようになりました。
SDMAは、猫専用の検査ですが、また記載したいと思います。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.