新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

柴犬の尻尾の肥満細胞腫の外科手術と術前療法
 犬の皮膚にできる腫瘍の中で
肥満細胞腫は日々の診察で遭遇猿腫瘍の一つです。

 飼主さまも、イボくらいにしか考えておらず
獣医師も、様子を見ましょうと言ってしまいがちな
腫瘍でもあります。

 肥満細胞腫は悪性度とか分化度という
言い方で、グレード分類をします。
肥満細胞腫はフレード、ステージ、血中ヒスタミン濃度、
超音波検査などでの脾臓などの内臓への転移などを
総合的に判断し、外科的に治療、内科的に治療、緩和治療などの
選択肢を飼主さまに提供しています。

 今までは、外科で大きく切除というのが一般的でした。
今では、様々な治療の中から、その子にあった治療法を
行うようにしています。

 この子は、高齢の柴犬で、膀胱炎、皮膚病と
いろいろ、病気をし、毎月、病院にいらしていました。
ある日、お尻尾の裏側にイボを見つけ、来院されました。
飼主さまも、いつもの皮膚病かな?と心配されておらず
お話をされていました。

 診察をさせていただくと、明らかに腫瘍と思われる
イボがありました。

P1060726_convert_20170807153212.jpg

 飼主さまには、単なるイボというより
腫瘍の疑いが強いので、腫瘍に針を刺して病理検査を勧めました。
飼主さまも、やはり心配なので、検査に同意をしていただき、
針生検を行いました。
 診断は、肥満細胞腫でした。
念のため、病理医にグレード分類をしてもらい、同時に遺伝子検査も行いました。
同時に、超音波検査で脾臓を始め、内臓の検査、
血中ヒスタミン濃度を測定しました。

 結果は、中等度の肥満細胞腫
       遺伝子の異常は認められませんでした。
       血中ヒスタミン濃度は濃度 正常
       転移は認めず。

P1060729_convert_20170807153319.jpg

 今回、腫瘍の場所と大きさから
マージンを取れないため、分子標的薬と
ステロイドを使用し、可能限り、縮小し、切除術を行いました。

 犬の悪性腫瘍の外科的切除の場合、
マージンを確保し、完全切除が可能な場合があります。
特に、四肢、尾、頭部のようなマージンが確保できない部位に
腫瘍が発生した場合、手術で取り残し、再手術、
抗癌剤は、犬にとっても大変です。
まして、飼主さまにも精神的な負担が多いと考えられます。

 今回の子は、飼主さまと相談の上、
術前に、分子標的薬、ステロイドを併用し、
腫瘍が小さくなってから、外科的に完全切除を行いました。

 手術では、大きくマージンをとりつつ、
術後、日常生活、また家庭でのケアをできるように
行われました。
 
 手術は1時間で終わり、夕方には帰宅できました。
術後は。自宅での投薬と、ガーゼ交換を行っていただき
2週間後に抜糸を行いました。

 悪性腫瘍の外科手術の場合、
術前に、放射線療法、抗癌剤量などを併用し
腫瘍のサイズを小さくしてから行うことも選択肢として
治療の一部に取り入れることも重要です。




 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.