FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ヨーキーの卵巣腫瘍(顆粒膜細胞腫)の外科手術
避妊をしていない老犬に卵巣の腫瘍が発生することは
稀ですが、子宮疾患の検査の時に偶然、発見されることが
あります。

 この子も、子宮蓄膿症の検査のため
超音波検査を行った際、発見されました。

飼主様も、もちろん、知らず超音波検査を実施した際、
画面に直径4cmの腫瘍を見て、びっくりされていました。

 子宮蓄膿症と手術ため、開腹した際
同時に卵巣の腫瘍を切除するため、緊急手術となりました。
 手術は、卵巣の大きな腫瘍が両側にあるため、
大きめに皮膚を切開し、開腹させていただきました。

 開腹すると、大きな卵巣と膿が貯留した炎症を起こした
子宮が確認できます。

 P1060675_convert_20170620152913.jpg

 卵巣は、かなり大きくなり、摘出時、癒着を剥がすこと
さらに、子宮蓄膿症の影響で、腹膜炎を併発していました。
 切除した、卵巣はこのようなかなり大きくなっていました。

P1060677_convert_20170620152940.jpg

 卵巣の腫瘍の約50%は顆粒膜細胞で、
良性が多い腫瘍と言われています。
今回、摘出した顆粒膜細胞は、悪性でした。
悪性の顆粒膜細胞は全体の20%を占めています。
 この子は、悪性腫瘍でしたが、皮膜に包まれ
転移もなく2日後に、退院となりました。

 卵巣の腫瘍は、飼主様が気付かれる時には
すでに、胸膜炎や腹膜炎とを併発し、元気がないなどの
症状を呈して、来院されます。

 今回のように、他の疾患で、念のため
超音波検査を行うと、見つかることが多い腫瘍です。

 避妊をしていない、お歳の召したワンちゃんの飼主様は、
年に1度でも良いので、超音波検査を行うことをお勧めしています。

 顆粒膜細胞腫は、卵巣腫瘍の中で
もっとも多く発症する腫瘍です。
基本、良性の腫瘍ですが、悪性の場合もあり、
悪性の場合、腹膜炎、胸膜炎などの腫瘍随伴症候群に陥り
来院されることもあります。

 最近、発情出血がないな?
お腹が大きいかな?
外陰部が腫れてるな?
と感じたら、卵巣の腫瘍かもしれません。。。

 超音波検査は簡単な検査のため、
心配な方は、担当獣医師にご相談ください。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。