新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

眼結膜癒着
 子猫を拾われた飼主さんが、子猫の涙が多いと来院されました。
拾ってもらった猫ちゃんなので、伝染病があるのかな~と
診察を始めると角膜潰瘍になっていました。
 さらに、上のまぶたと角膜から結膜にかけて癒着を起こしていました。

癒着 1


 診断は『結膜癒着』でした。
伝染病を起こし、それが原因で結膜に癒着がおこりました。
 飼主さんに、原因は伝染病であること、手術が必要なこと、
大変な手術であることを告げて、後日、去勢と同時に手術をしましょうと
この日になりました。

 手術は癒着を起こしている角膜と結膜をゆっくりと、慎重に剥離をおこないました。
剥離を行い、次はコンタクトレンズを装着します。
コンタクトは動物用が発売されており、よく活用されています。


結膜癒着 コンタクト

 写真では分かりにくいですが、右手のピンセットに持っているのが
コンタクトレンズです。
 猫がコンタクトレンズを外さないよう、術後にエリザベスカラーをつけていただきます。
その前に、大きく眼を開たり、こすったりしてもコンタクトレンズが落ちないように
外眼角を1糸縫っておきます。

癒着 手術後

 1週間後にはこの糸を外し、コンタクトを取り除き、
すべて終了です。
 
 猫の子猫のときの伝染病で『猫伝染性鼻気管炎』は
最悪、失明を起こすこともある病気なのでしっかりと治したほうが良いですね。

スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.