新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
下着を飲み込んだM、シュナウザーの内視鏡による摘出術
 犬や猫は、何を口にするかわかりません。
毎日の診察でも、異物を飲んだと来院されています。

 この子は、飼主様の前で
下着を口にして、食べてしまいました。
その後、食欲も元気もあったため、経過を見ていたようですが
嘔吐を繰り返し、心配になり来院されました。

 レントゲンでは、胃の中に食事と異なる
陰影を認め、異物を強く疑う所見でした。
この子の場合、飼主さまが食べているのを見たようです。

 飼主さまには、異物が大きいため
便に出ることはないので、内視鏡を薦めました。
 飼主さまも、同じ意見だったので、
緊急で、内視鏡での異物除去術を行いました。

 全身麻酔後、すぐに内視鏡を胃に挿入し
異物を確認後、食道を空気で拡張させ、
異物を除去しました。

P1060470_convert_20170401172727.jpg


 処置は、20分で終了しました。
その、10分後、麻酔から覚醒し、退院となりました。
 処置後、数日、胃の薬と、粘膜保護剤などを飲んでいただき
嘔吐が見られなければ、飼主さまも幸せです。

 内視鏡で異物を出した時、
スタッフ一同、あまりの大きさの異物を食べたことに
びっくりしました。
 
 異物の場合、嘔吐を促すこともありますが、
このように、大きな異物の場合、無理に吐かせると
食道に詰まったり、呼吸困難になることがあります。
 嘔吐処置、内視鏡、手術の選択は
慎重に行わないと、危険なこともあるため、
担当獣医師とご相談してください。
 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。