新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

寒くなると多くなる椎間板ヘルニアの外科手術
 (ご注意)下記には手術画像が含まれています。
犬の椎間板ヘルニアはMダックスに多く、
当院でも椎間板ヘルニアの手術の多くがMダックスです。

 12月になってから
椎間板ヘルニアの診察が多く
診察した症例の約5%がMRIやCTなどの画像診断を行います。
 手術を決断するのは、画像診断と神経学的検査によります。

 ここ数年、多発性の椎間板ヘルニアと、
再発症例が多く、以前、内科療法にて改善したけど、
今回は、改善しないと来院される症例です。

下記の症例も多発性で2〜3カ所
片側椎弓切除術を行った症例です。

 P1060304_convert_20161227224718.jpg

P1060288_convert_20161227224643.jpg

 初発で、手術まで行う子は少なく、
1〜2年前に椎間板ヘルニアの治療を行った子が多く
半数が多発性といい、ヘルニア物質の突出箇所が一カ所以上で
あることが多く認められます。

 P1060277_convert_20161227224538.jpg

P1060256_convert_20161227224428.jpg

 
 今月に行った症例の70%は多発性でした。
以前は4〜8歳の子が多く、8歳上の子は少ない状況でした。
現在は、10歳以上の子も手術適応になっています。
 
 当院では、手術の決定は、ステージ分類だけではなく
痛み、再発の有無、発症からの時間などを考慮し、治療法を
決定しています。
 
 椎間板ヘルニアは、一生を左右する病気です。
早期の正確な診断が必要で、飼主さまにも正確な説明が必要な疾患です。
 そのためには、早期の検査が必要です。
多くの場合、手術になることは少ないので、
安心して検査、説明を聞いてください。

 多くの飼主さまが、安心して検査を受けれるように
こちらも日々、勉強をしています。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.