新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の扁平上皮癌
 口の周りと首の皮膚がただれて治らないと
お年をめしたワンちゃんが来院されました。


 扁平上皮癌

 お話をよく聞くと、以前から徐々に悪化し
ここまでひどくなったようです。
 
 皮膚病もあるので、治りにくいと思われており、
いつか治るだろうと考え、1年くらい様子を診ていたらこんなに大きくなったようです。

 皮膚病でここまで悪化することはあっても、
徐々に悪化した、経過が長い、ということから腫瘍を考え、
麻酔をかけさしていただき、手術となりました。


 扁平上皮癌1
 このように口の下を大きく切除し
マージンを取りました。


 扁平上皮癌 2

 すべての手術が終了した際には、このように大きな傷になりました。
『扁平上皮癌』は進行の遅いものもあり、植物の根のように
徐々に拡大、浸潤していきます。
 なので、見つけた際にはかなり広く、深く切除しないといけません。
いわゆる、マージンというものです。

 マージンをしっかりと取るには、CTなどを使用し
造影検査を行い、切除辺縁を決めるのがベストですが、
お金、時間、設備の問題からなかなかそこまで出切る方は
多くないのが現実です。

 一見、皮膚病に見えるものも皮膚病ではなく
腫瘍、それも悪性の腫瘍があるので、なかなか治らない、
徐々に大きくなっているものがあれば、早々に診察をされてください。
 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.