新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

グレーハウンドの皮膚に発生した血管肉腫の外科手術
 グレーハウンドの皮膚にイボがあると来院されました。
大きくなっていないけど、血管に近いので心配ですと
飼主さまは心配そうです。

P1060227_convert_20161127160100.jpg


 診察では、付属リンパ節、体表リンパ節の確認を行い
飼主さまが外科的な治療を希望されるようであれば、
検査を行います。

 飼主さまは、同居犬も皮膚の腫瘍で
大きくなって心配になったので、外科的な治療を望まれまれました。

 手術前に、検査を行い
麻酔のリスクが低いこと、肺などに転移像がないことを確認しました。

 グレーハウンドのような胸の深い犬種の麻酔を
心配される飼主さまも多いですが、事前の検査と
麻酔管理に問題がなければ、安全に行えます。

 手術は、両側の皮膚の腫瘍をマージンを確認しながら
伏在静脈を気づけないように慎重に切除しました。

 腫瘍の病理結果は血管肉腫でした。
血管肉腫とは、悪性腫瘍の中でも悪性度が高い腫瘍です。
脾臓、心臓などにも発生し、病理検査を行った際には
ほとんどが転移をしている悪性腫瘍です。
血管肉腫は脾臓以外にも肝臓、心臓に発生し、
これら以外にも皮膚、 皮下、骨または肺に転移病巣を形成することがあります。
この腫瘍は非常に転移率 が高く、1 年生存率は 10%未満であると報告されています。
(Brown et al,1985)

 今回は、2箇所とも、脈管転移は認められないものの
原発があり、そこから転移した可能性もあり、念のため、
心臓と、脾臓を重点的に精査を行いました。

現在、血管肉腫に関しては、新しい治験薬と
分子標的治療薬で良い結果がでているため、
飼主さまの希望があれば、これらの治療法を
外科的な治療法と併用もしくは、単独で行うことも
行っています。

 手術は・・・という飼主さまも、
担当獣医師と、ご相談ください。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.