新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の停留精巣(陰睾)の外科手術
 犬も猫も成長と共に精巣が陰嚢の中に
落ちてきます。

 精巣は胎児のときに、腎臓の横に位置し
出産後1ヶ月くらいで膀胱の近くまで落ちてきます。
さらに、1ヶ月くらいで陰嚢の中に落ちてきて
飼主さんが見る、金玉の状態におさまります。

 ペットの中には、この一連の流れが
妨げられ、精巣が陰嚢の中に落ちて来ない子がいます。
 
 診断名は『停留精巣』です。
人でも新生児の病気としてしられています。

 猫の場合は、犬に比べ発生率は少なく
0.8〜1.0%と言われています。

この子は、術前検査で片側の精巣が陰嚢内に無く
超音波検査で皮下に停留していました。
 精巣の停留場所は、皮下、腹腔内のどちらかで
多くの場合、皮下に停留しています。

P1060138_convert_20160820171955.jpg


 停留精巣の手術の必要性は議論されていますが、
人の場合、陰嚢内に精巣が無いと精巣の温度が上昇する事により
生殖機能が低下すると言われています。

 この子は、元々、去勢手術希望で来院されたため
手術を行う事となりました。
 手術は、陰嚢の切除ではなく、
おまたの付け根を切開し、皮下の停留精巣、陰嚢内の
精巣を同じ穴から摘出、切除します。

P1060139_convert_20160820172018.jpg

P1060141_convert_20160820172047.jpg

 手術は10〜20分で終了しました。
皮膚の縫合は2針で夕方には退院となります。

猫の停留精巣は滅多にいませんが、
たまに、遭遇する疾患です。
 去勢の前には
必ず、精巣の確認をするようにしてください。
 手術自体は簡単ですが、
精巣が皮下にあるのか、お腹の中にあるのか
事前に検査を行い、手術法の確認もしてください。

 
引用文献:
Unilateral cryptorchidism induces morphological changes of testes
and hyperplasia of Sertoli cells in a dog.
Lab Anim Res. 2014 Dec; 30(4): 185–189.


スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.