新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

超小型犬の骨折
 小型犬の飼主さんから「うちの犬が足を着かない」と連絡があると、
骨折かな?と考えます。
特にその犬腫がヨーキー、ポメラニアン、チワワだと嫌~な予感がします。

 この子もソファーから飛び降りて
右前肢を着かなくなったと来院されました。
 すぐにレントゲンを撮らしていただくと、このように
前肢が2本折れていました。


ポメの骨折

 飼主さんとの話し合いで、プレートを入れる手術に決まりました。
本院では、プレート、髄内ピン、創外固定、ギブスから選んでいただいております。
早速、ワンちゃんに合ったプレートとスクリューを選び、固定しました。
下記が術後の写真です。


ポメの骨折1

このように折れた場所を元に戻し、
小型犬専用のプレートにスクリューを6本挿入し
骨折を治しました。
術後から元気で、翌日に退院し、自宅療養となりました。

 術後、1ヵ月半で折れたから一番、端のスクリューのみを残し、
スクリューを4本、抜きました。
 プレートで固定した場合、このように骨折が治っても
骨の強度の問題から、いきなりプレート、スクリューをすべて取らず、
1段階いれてはすしていきます。
ポメの骨折2

 さらに3週間後にすべてのスクリューとプレートを取り外した状態です。
完全に骨折は治り、骨の変形もありません。
ポメの骨折 3


 超小型犬、小型犬はソファーから落ちた、飼主さんが落とした、
さらには踏んでしまったという事故が少なくないようです。
 これらは事故なので、誰のせいでもないので、
誰を攻めることなく、治す方法を色々、獣医師と相談したほうが良いでしょうね。

 治療法は1つではないので、
ぜひ、獣医師と相談してください。
 きっと、良い治療法が見つかると思います。



スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.