新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

飼主さんが気付かない事が多い消化管内異物の外科手術
 下記には手術の画像が含まれます。

 嘔吐や、急な食欲不振を主訴に来院されると
異物を疑います。
 多くの飼主さまは、
変なものを食べる事はありませんか?の質問に
無いと思います・・・と、お答えになります。

 この子も、元気無く、食欲がないと来院されました。
嘔吐はなく、元気が無い事を飼主さまは心配されていました。
 飼主様も心配され、検査を希望されたので
レントゲン、血液検査と超音波検査を行いました。
結果、飼主さま立ち会いのもと
超音波画像にて、異物と思しき画像が確認できたので
消化管内の異物と診断しました。
 飼主さまに、異物の存在をお伝えしましたが
「異物は無いと思う・・・」念のため
再度、検査を行いましたが、超音波検査では
異物が確認できました。
 残念な事に、レントゲンでは異物は写りません。
レントゲンで確認できる異物は、金属系などの
密度の高い、固いものがほとんどで、ビニール、プラスティック
紙、綿、ヒモなどの身近にある物はほとんど、写りません。

 飼主さまの希望もあり、
1日入院させ、経過を見る事になりました。
 翌日に、再度、検査を行いました。
結果は、同じ場所に異物を認めたため
飼主さまに、同意を得て開腹手術となりました。

 開腹手術を行うと、すぐに異物の入っているような
腸管を見つけました。

P1060071_convert_20160801164109.jpg

 このように、腸管の一部が変形しています。
多くの消化管内異物と異なり、消化管の炎症やうっ血は
認められませんでした。
しかし、腸管を触診すると明らかに
異物を確認することができました。

 すぐに、異物を確認するため腸管を切開しました。
腸管から出てきた異物は、シリコンで出来た子供用の
食器でした。

P1060073_convert_20160801164136.jpg

 飼主さまは、犬も年をとったので
犬が食べていると思わなかったようです。 

 異色や異物は若い子に、多いとされていますが、
10歳以上でも、間違って食べてしまう事があるので
いくつになっても、ペットの口の届く場所に
物を置く事は気をつけて下さい。

 この子は、術後、2日で退院し
退院直後から元気に過ごしています。

異物を口にして腸閉塞になるのは
若い犬だけではないので、以前、異物を口にした経験が
ある犬猫を飼っている飼主さまは、お気をつけください。

 原因が、分からない嘔吐が続く場合は
超音波検査が有用なので、検査の一つに組み込んでみては
いかがでしょうか?
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.