FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

雌犬の肛門周囲腺癌の外科手術
 このブログには、手術の画像が掲載されております。

 肛門の周囲に腫瘤が出来る事は多く
排便時に飼主さまが気付かれる事がほとんどです。

 この子は、メスの雑種犬で以前から肛門の横にイボがあり
腫瘍と診断していましたが、飼主さんの希望で経過を診ていました。

 肛門にできる腫瘍の多くは未去勢の雄犬に多く
雌犬の発生は少ないとされています。
雌犬の肛門に発生する腫瘍の多くが悪性の腫瘍である
肛門周囲腺癌と言われています。

 この子は、腎不全、膵炎を患っており
飼主さまは腫瘍の手術を希望されていませんでした。
しかし、腫瘍から出血し、日々の生活が困難になったため、
手術を希望されました。

 このように、肛門の脇に腫瘍があり、
自潰し、出血していました。

 P1050973_convert_20160611164927.jpg


 手術は、全身麻酔下で行い
肛門の周囲にある腫瘍を切除しました。
 腎臓病、膵炎を併発していたため
術前から点滴と抗生剤、シベレスタットなどを投与しました。

 手術は、約1時間で終了し
手術が終わるまで待っていただいていた飼主さまも
安心され、麻酔からさめた直後に面会していただきました。

 P1050972_convert_20160611164827.jpg

P1050974_convert_20160611165007.jpg

 切除は、完全に行え、マージンも切除出来ていました。
また、肛門周囲の筋肉も最低限の切除が可能で、排便障害もありませんでした。

P1050975_convert_20160611165319.jpg

 肛門周囲の腫瘍の多くが
未去勢の犬に多く、メスでの発生は稀ですが、
最近では、雌犬の肛門周囲腺腫、特に
肛門周囲腺癌の発生が増えています。

 トリミング犬種の場合、定期的に
肛門周囲のケアをトリマーさんが行うため、
早期に発見できますが、トリミングに出す事の少ない犬種では
発見が遅れることが多いようです。

 また、雌犬の肛門周囲腺癌は転移率も高く、
当院でも、手術の際には、既に肺やリンパ節に転移している事が
ほとんどです。
 雌犬の肛門周囲線の拡大には、ホルモンの関与が示唆されており
クッシング症候群のような、内分泌疾患の検査も同時に行うべきかも
しれません。

 現在、当院では、
肛門周囲腺癌に対する外科療法以外にも
緩和療法で、長期の生存が可能になっております。
 最近では、手術が不可能なレベルになった
リンパ節転移の子も、1年間内服のみで生存が可能でした。
 手術をしたくない、もしくは、出来ないレベルの子も
この治療法を選択してみては、いかがでしょうか?

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.