新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

パグの腰仙椎に発症した椎間板ヘルニアの背側椎弓切除術
 椎間板ヘルニアは発症部位ごとで手術法や
治療法が異なります。

 頸椎や、胸腰椎のヘルニアは多く来院されますが、
腰仙椎のヘルニアは、さほど、多く来院されません。

 パグの男の子、11歳、後肢の動きがおかしいと
来院されました。
 レントゲンで、腰仙椎、腰椎のヘルニアを認め、
飼主さまと相談のうえ、内科療法と、レーザー治療を行いました。
 治療後は、改善傾向でしたが、1週間後に悪化したため
MRIでヘルニアの状態を確認いたしました。
MRI画像では、ヘルニア物質が脊髄を圧迫しており
手術が必要と判断しました。

 手術方法は、頸椎のヴェントラルスロット、
胸腰椎のヘミラミネクトミー、ミニへミラクトミーと異なり
腰仙椎は背側椎弓切除術を行いました。
 背側椎弓切除術は、手術時間は1時間で終了し
翌日には退院となります。

 側椎弓切除術は、ほかの切除術と異なり、
安全な手術であり、手術時間も、短く、入院も1日で終わります。

 手術の内容は、毛を剃り、消毒を行い、皮膚を切開し
高速ドリルで骨を削ります。
脊髄神経を避けて、椎間板物質を除去します。

 パグ ラミネクトミー

最後に、術部を縫合し、手術は終了します。

 犬の腰仙椎のヘルニアは椎間板疾患の中でも発生例が少なく、
手術に至るケースは少ないようです。
 手術に至るケースは、臨床症状が出ている場合に多く、
手術の決定は、MRIなどの画像診断によります。

 今回も、当初は内科療法と理学療法で改善していましたが
悪化したため、手術適応かの判断でMRIを行いました。
 
 手術後、悪化することはありません。
しかし、現状維持ということも多いため
術前に担当獣医師と話し合いをする必要があります。

 

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.