新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の排尿障害
 おトイレを我慢するのは大変なことで
まして、おトイレに行っても出ないとなるとさらに大変です。

 猫ちゃんを飼ってらっしゃる方でこのようなことを経験された方も
いらっしゃると思います。

 猫は犬に比べお水を飲むことが少なく、
また、必要量も少ないといわれています。
なので、腎疾患、尿疾患が多いようです。
 
 この子も「2日前からトイレに何度も行くが、おしっこが出ていない、
だんだん、元気もなくなり、吐いている」と心配そうに来院されました。

 お腹を触るとパンパンに腫れています。
おしっこが出なくなり、膀胱が破裂するかのような状態です。
 以前に、近くの病院で『尿石症』と診断され、
食事療法を薦めらていたのですが、市販食を与えていたそうです。

 尿道に石が詰まり、おしっこが全く出ない状態になっていました。
また、それが原因で腎前性腎不全にもなっており、緊急入院と排尿を促しました。
尿道の中間くらいに石が詰まり、沈静下で石を膀胱に押し返す治療を行いましたが、
尿道炎を起こし、膀胱に戻らないので、飼主さんに再発の予防のために手術を薦めました。
 手術は男の子の陰茎を切り取り、女の子のように、大きな出口を造る手術です。

 これは、術前の毛を切って、消毒している状態です。


会陰尿道 術前

 そしてこれが手術後、間もない状態です。
精巣がなくり、おちんちんがなくり、大きな出口が出来ています。

 会陰尿道 術後

 この子は手術後、太いおしっこが出て、本人もびっくりするくらいでした。
もちろん、手術後は再発もなく、元気に過ごしています。

 この手術はなるべくなら、したくない手術です。
尿石症用のご飯を食べていれば、今も手術を受けずに
過ごしていたのですから。
 飼主さんもかなり後悔と反省をされているようで
猫ちゃんに泣きながら謝っていらっしゃいました。
 
 尿石症は食事で予防も出来ます。
また、中には溶ける石の場合、食事療法で治ります。
 病気は飼主さんがよく理解し、できることはしていただけると
すごくありがたいな、と思う手術でした。


スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.