新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プラスチックスプーンの内視鏡による摘出
 ペットたちがフードやおやつ以外に
食べる物を異物と言います。
 子犬や、子猫が、家の中に落ちているものを
食べて来院されます。
 まれに、中高齢になってから、異物を食べて
来院される場合もあります。

 この子は、嘔吐を繰り返し
来院されたシェルティーです。
当初は、胃腸炎、膵炎を疑いましたが、
検査の結果、否定されました。
 レントゲンにも、異物などは写らず、
飼主さまからも、「そういった物は食べる子ではない」
とのお話もありました。
 念のため、ガストログラフィンを使用し、
造影検査を行いました。
 造影の結果、胃の中に異物と思われる
異物があり、超音波検査でも同様の異物が
疑われました。
 検査の結果を飼主さまにお伝えし、
内視鏡での摘出になりました。

 内視鏡は飼主さま、立会いの下、
行い、術前検査の通り、胃の中にスプーンが
見つかりました。

こちらが、内視鏡により取り出した
プラスチック製のスプーンです。

胃内 スプーン

 飼主さまも、内視鏡の処置立ち会っていただき
無事に摘出が出来て安心されていました。

 摘出後、胃の中の空気を抜去し
麻酔から覚醒するのを待って、帰宅となりました。

 内視鏡の場合、入院もなく
すぐに帰宅が可能なこと、また、痛みもないことから
犬や猫にとっても安全な治療法といえると思います。

 愛犬、愛猫が異物を飲んだら
早々に来院していただくこと、内視鏡の処置も
考えに入れた方が良いかと思います。
 

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.