新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
耳道の切除
 耳の垂れ下がっているワンちゃんが耳を痒いと来院されます。
犬腫はAコッカー、E、コッカーなどのコッカー系が多く来院されます。
コッカーは耳道疾患(外耳炎)が多く、慢性化している子が多く来院されます。
慢性になると、外耳がはれ上がり、綿棒も通らないくらいに腫れます。

 この子も、小さい頃から外耳道炎で通院を繰り返していたようです。
本院に来院された際には綿棒はおろか、こよりも入らない状況でした。

 飼主さんと相談し、外耳道の切除を提案しました。
外耳道の切除には2種あり、『垂直耳道切除』と『全耳道切除』があります。
本院では垂直耳道切除のみ行い、全耳道切除はCTを兼ねて大学で行っています。

 手術前は耳にイボのような腫瘤ができ、
出口を塞いでいました。


耳道切除前

 手術を行い、腫瘤もなくなり
耳の穴も大きくなり、外耳道の洗浄も可能となりました。
慢性的に痒く、臭かったのも改善したと飼主さんは喜んでいました。


耳道切除後

 術後は当日にお返しし、10日後に抜糸をして、
その後は自宅での耳の治療を行っています。

 注意点は外耳の病気は改善していますが、
治ったのではないので、今後も耳のケアは必要になります。

 でも耳の穴が広がったので、自宅での治療が可能になり
飼主さんも来院されないで、ケアができるので、楽になったようです。

 耳の病気に悩まされている方は、
手術になる前に、耳のケアを覚えて、自宅でケアをしてください。
ケアの仕方はいつでも、教えますので。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。