新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Mダックスの背側椎弓切除術(腰仙椎の椎間板ヘルニア タイプⅡ)
 一時期に比べ、Mダックスのペットショップでの販売数が
減少し、椎間板ヘルニアの手術も胸腰椎の手術から、
頸椎、腰仙椎の椎間板ヘルニアが多くなりました。

 これは、大学病院などの高度医療を提供している
病院にも同じことが言えるようです。

 当院では、頸椎にヘルニアを患ったダックスは
多く来院されますが、腰仙椎の椎間板ヘルニアで
手術適応の症例は多くありません。

 今回、動き方がおかしいと来院され
最後には尻尾が動かせなくなった、Mダックスの外科手術を
行いました。

 7歳のMダックスで、お尻尾が動かせないと来院されました。
歩くことや、走ることも可能で、歩行障害は全くありませんでした。
尻尾のみ動かすことができませんでした。

 レントゲンにも、椎間の狭窄が認められ、
MRI検査でも、腰仙椎の椎間板ヘルニアが認められました。

谷口 抹茶 椎間板ヘルニア 


背側椎弓切除 ヘルニア

 直腸検査においても、痛みを認めることと、神経麻痺を
認めること、内科療法(保存療法)でも改善がないことから
飼主さまの意向で手術となりました。

 手術は、背側椎弓切除術(Dorsal lminectomy:DL)を行いました。
手術は、関節突起を切除しないので、不安定症になることは少ないため
手術は、DLのみを行い、固定術は実施しませんでした。
 
 手術は、麻酔下で背側からアプローチします。
外科的プレパレーションを行い、腰椎第6突起から仙骨の棘突起まで
皮膚を切開します。

背側椎弓切除 硬膜

 棘突起に付着した筋肉を骨膜剥離子や電気メスを用い
棘突起のみ露出します。

背側椎弓切除 棘突起

 ロンジュール、ラウンドバーを用いて馬尾神経を露出します。
 手術は約1時間で終了します。

背側椎弓切除 硬膜

脊椎の不安定症は、この子の場合、
関節突起の温存が可能であったので、骨セメントや
スクリューでの固定は行いませんでした。
 
 手術自体は、出血もほとんどなく、
馬尾の神経も触れることも無く、無事終了しました。
 手術後は、早々に麻酔から覚めて
待合室でお待ちの飼主さんと、再会をされていました。

 翌日には退院となりました。
この手術は、難易度も高くなく、手術時間も短いため
術前の画像診断により、予後も予測が可能です。

 入院日数も少なく、痛みも少なく
飼主さんも、ワンちゃんも、負担が少ない手術です。

 まずは、確定診断をつけ、
内科療法、なども考慮に入れて治療法を決めていきます。

 本人は痛みが無くなり、楽になったと思います。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.