新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ダックスの皮膚にできた悪性黒色腫(メラノーマ)の外科手術
 皮膚にできる腫瘍には飼主さんが血豆と
思っているものもあります。

 この腫瘍も、飼主さんは、血豆が破裂して
いるものと思い、経過をみていた子です。

 Mダックス、7歳、左目の内側に、血豆ができて
「何度も擦り付け、破裂して血が出る」と来院されました。

 初診時、腫瘍と断定できないような形をしていました。
飼主さんが、腫瘍かな?と思わないのは当然の見た目でした。

メラノーマ 術前1

飼主さんは、痒いので、擦りつけて出血すのものだと
考えていましたので、すぐに検査とはなりませんでした。

 初診時は、カラーを付けて、擦り付けないようしました。
しかし、カラーの上から上手く擦り付けていました。

 この治療をしていても、腫瘍が少しずつ大きくなってきたので、
飼主さんと相談して、病理検査を行うことになりました。

 結果は、『悪性黒色腫(malignat melanoma)』でした。
犬の黒色腫は、良性と悪性に区別されています。
悪性は、転移や再発を繰り返すことが知られており、
皮膚にできる黒色腫は良性が多く、約85%が良性と言われています。
 
 治療の第一選択は、外科的にマージンを取り、摘出手術をすれば
再発はほとんど、ありません。
しかし、手術が不可能な場合、もしくは、麻酔をかけれない子に関しては
悪性黒色腫ワクチンDNAと呼ばれる新しい治療法が可能になりました。
このワクチンは、特定なタンパク質として、犬の体内に注入され、
メラノーマ腫瘍の蛋白質の存在を犬の免疫系に警告するという働きをします。

犬メラノーマ(特に口腔内)に対し、メラノーマワクチンを使用すると
有意に生存期間を延長させると示されており、多くのイヌが1年以上生き延びている。
しかし、ワクチンを使用しない場合、生存期間は通常約3ヵ月である。
動物やヒトについて、治療用の癌ワクチンが米国政府から承認を得たのは、今回が初めてのことである。
(うしおえ太陽クリニック 転載)

 このように、皮膚の黒色腫は早期発見早期治療が一番です。
当院でも、飼主さんが気づかず、トリマーから指摘を受けた子が多くいます。
どうしても、飼主さんは、良い方良い方に考えてしまいます。
これは、とても良いことですが、悪性の腫瘍も見落としてしまいます。

メラノーマ 術前2

 この子は、手術を受け、半日入院をして、
夕方には、飼主さんのもとへ帰られました。
 抜糸は、10日後に行いました。
もちろん、病理検査結果も、完全切除、脈管侵襲も認めずでした。

 飼主さんも、結果を見てびっくりされていましたが、
早く手術が出来て良かったとご夫婦で喜ばれていました。

 皮膚の黒色腫は良性が多く、悪性が『少ないと言われています。
この子の様に、見た目では悪性・良性の区別は難しいと言われています。

 今回、飼主さんと協議のうえ、早々に検査、手術が可能で
転移もありませんでした。

 手術自体、腫瘍が小さかったので、特に大きな影響は
ありませんでした。

 年齢の重ねたイヌやネコのイボは早々に検査を行うことが
重要だと感じた子でした。
 無事、手術も終わり、切り取れていてよかったです。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.