新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
犬の膝蓋骨脱臼症候群
 若い、小型犬が後ろ足を痛がる、もしくは『ケンケン』すると言い、
来院された場合、『膝蓋骨脱臼症候群』を疑ったほうが良いでしょう。

膝蓋骨脱臼症候群は犬における最も一般的な後肢の整形外科的疾患の一つで、
この疾患は先天的である事が最も多く、大腿骨や頸骨の骨格奇形の様々な程度に関係し、
股関節または骨盤の形成異常がこの疾患の原因であることが示されている。

特に内方脱臼という、 このヒザの病気はかなりの小型犬が罹患しており、
症状を出す子が少ないので飼主さんは病院にこられませんが、
予防で来院された際、触診すると結構な確立でこの病気になっています。


 左図が正常  右図が脱臼したひざの骨
パテラ

 本院では膝蓋骨内方脱臼の治療には
関節トレーニング、内科療法、外科療法(手術)のどれかを薦めています。

  この子は散歩中も痛みがあり、
内科療法などで効果が見られないので、手術となりました。


 パテラ1

手術は滑車溝を深く掘り、そこに滑膜をもどし、
じん帯を縫合し、関節胞も縫合しました。
 いわゆる、異物(金属、スクリュー、固定具)などを使用せず、
異物も残さない手術となりました。

 2週間後に抜糸を行い、2ヶ月くらいおとなしくすごしてくれれば
元気に歩けるようになります。

 小型犬で後肢がおかしいと思ったら
この病気を思い出してください。

 手術ばかりが解決法ではないので。
 

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。