新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プードルの眼球メラノーマの外科手術
 黒色腫という腫瘍は、皮膚がんというと
あ~と理解されやすいです。
 メラノーマというと???となります。

 じつは、黒色腫とメラノーマは同義語です。
この子は、ちょっとポッチャリのプードルさんです。
 本院のトリミング中にトリマーさんが、
目に何かあるのに気づき、担当医に診察をお願いしました。
診断は、メラノーマでした。
 飼主さんも、気づいていない腫瘍でした。

 早速、超音波検査、眼圧検査などのルーチン検査をおこない
角膜輪部、強膜辺縁のメラノーマと診断しました。

 眼球メラノーマ

  犬の眼球のメラノーマは、悪性は数%と低く、ほとんどが
良性の腫瘍であることが、知られています。

 今回、シリコンボール、部分切除、レーザー治療なども
考慮に入れましたが、再発の可能性、飼主さんの
「手術は一度きりで」という言葉から、手術法が
眼球摘出術となりました。
 本院では、良く見かける腫瘍の一つで、
手術は、難しくなく、完治が可能な腫瘍の一つです。

 手術は、30分で終了し、念のため、1泊して
翌朝に帰宅となりました。
 抜糸は、2週間後になります。

 術後の病理結果は、「悪性メラノーマ・転移を認めず」と
返って来ました。
 現在、抜糸も終了し、元気に過ごしています。

 眼球のメラノーマは、悪性は低いと言われていますが、
本院での症例では、悪性も多く、下記のような論文も出ていることから
悪性と診断された場合、早期に手術を行うことも視野にいれた
治療方針を考えないといけないと思いました。


 最近の文献・成書においては、
メラニン細胞性腫瘍(Melanocytic tumors)
の中で,組織学的に悪性であるものを
悪性黒色腫(malignant melanoma)、
良性であるものを黒色細胞腫(melanocytoma)と
表現されることが多くなっています。
 犬における眼球内黒色腫は,虹彩または毛様体
(前部ぶどう膜)から発生することがほとんどで,人
とは異なり脈絡膜からの発生はまれです。
また、一般的に犬の眼内黒色腫の大半は、
良性の挙動を示すといわれていますが、
犬の眼内黒色腫症例を多数集めた疫学的・臨床的データは少なく、
予後に関する報告はほとんどされていません。
      日獣会誌 67 112 ~ 114(2014)より、一部抜粋

 組織学的には皮膚メラノーマと同様、核分裂指数が良悪の指標として重要視されています。
良性では核分裂像が10視野平均0.2未満、悪性では0.4以上と言われています。ただし、核分裂指数のみでの判断は好ましくないように思われます。
眼球の破壊自体は、良悪を判断する要素としては充分でないようです。

眼内メラノーマの全体的な転移率はおよそ4%と報告されています。
良性のメラノーマの予後は良好であり、眼球摘出は治癒的な処置であるようです。
また組織学的に悪性とされたメラノーマでは、25%が転移を起こしたとの報告があります。
そして、その転移は一般的に眼球摘出から3ヶ月以内に起こるとされています。
                                  (PATHOLABO HPから引用)
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.