新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

雌イヌの肛門周囲腺癌(腺腫)の外科手術と転移後の治療法
 犬のお尻にシコリがあると来院されるのは、
ほとんどが、雄の未去勢の子です。

 稟告を聞くと、男の子か、去勢をしているかを確認します。
この条件に合うと、肛門周囲腺腫かな?と想像します。

 たまに、女の子のでも、肛門周囲腺腫を発症します。
稀に、悪性の肛門周囲腺癌を発症することもあります。

 本院でも未避妊のダックスが、悪性の肛門周囲腺癌で来院され、
すでに、リンパ節に転移している子も来院されています。

 飼主さんは、お尻にイボが出来ていることに気づいていませんでした。
定期的にトリミングに出していると、トリマーさんが、お尻絞りや、お尻の周囲の
毛をカットする際、見つけてくれます。

 しかし、すべての犬が去勢により、退縮するとは限らないので、
事前に、飼主さんと相談のうえ、治療法を協議することをお勧めします。

 メス犬の肛門周囲腺癌は、まれな疾患ですが、
発症が無いわけではありません。
 
 この子は、トリミングなどには行かず、自宅でシャンプーをしていました。
本院に来られるまで、、お尻に腫瘍があったことは全く気付かなかったようです。

 外観も、このようにイボのようには、見えないので
飼主さんも、気づかなかったのかもしれません。

肛門周囲腺腫

肛門周囲腺腫のようなイボに限らず、
体表にできたイボは、飼主さんが気づくとは限りません。
特に、お尻の周り、おちんちんの周囲などは、毎日、
ワンちゃんと触れ合うことの多い飼主さんでも
発見が遅れがちです。
 
 肛門周囲腺癌の研究では、肛門周囲腺癌、145頭のうち、
90%がオスでした。さらに、ほかの研究では、腺癌の犬のすべてが
オスであったと報告されています。
オス犬の場合、去勢を行うことにより、退縮することが知られています。

 この子は、イボが見つかったと同時に、転移も認められました。
現在、手術での寛解が難しいことから、分子標的治療を行っております。
結果、肺の転移の進行もゆっくりになっています。

 今までは、転移した後の治療法が少なく、
ただ、体調が悪くなるのを見ていくことしか、できませんでした。
現在は、転移した後の、フォローも含め、治療が可能になっています。
 
 腫瘍だからとあきらめず、担当医とよく相談していただけると
なにがしらの答えがでると思います。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.