新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

手術(外科手術をしない)皮膚形成術(ヒーリング)
 外傷や、外科手術後に皮膚が欠損した場合、
再度、皮膚を縫い合わせるために手術を行います。

 老齢、心臓疾患などの内臓疾患があった場合、
麻酔に対するリスクも高くなります。

 50年代に、水ぶくれを、破かずに治した方が
傷の治りが早いことが発表されました。
それ以降、湿潤療法(モイストヒーリング)が皮膚の外傷治療に
有効であることが理解されました。
 湿潤療法(モイストヒーリング)とは、創傷部位を乾かさないように閉塞することで、
痛みを軽減して傷跡も残りにくく、傷を早く治そうとする療法です。

 人では、美容形成た、形成外科では当たりまえの治療です。
動物では、いまだに縫合したり、消毒したりすることが行われています。

 今回は、イヌ自身が傷を舐めすぎて、骨まで出てきた症例です。
飼主さんの意向もあり、手術は行わないで、治療してほしいということでした。

後足は骨まで露出しており、手術は適応外でした。
初診時は、このように骨が見えて、筋肉も退縮していました。

モイスト 治療前 5週間

 この傷が、約1か月で筋肉も盛り上がり、
毛も生えてきました。

 治療開始1週間後

 モイスト 治療前 4週間

 治療開始3週間後

 モイスト 治療前 2週間

 治療終了時

 モイスト 治療終了

 このように、手術を行なわず、かなりきれいに治療が可能です。
治療費も、安く済みました。
 飼主さんも、当初は困惑していましたが、
治療開始後2週間くらいで、治りが急に早くなり、
飼主さんも治療に来られることを楽しみにしてくれました。
「先生、こんなに良くなったよ」と来院していただきました。

 本院では、モイストヒーリングの治療を多くの症例で
行い、すべての飼主さんから喜ばれています。
 獣医師から、モイストヒーリングを行うよう勧めた子たちは
すべて、良くなり、飼主さんも満足されています。

 すべての外傷が、モイストヒーリングで治癒するわけではないですが、
適応は広いと考えております。
 また、抗生剤の投与期間も短くなっています。
動物の元々、持っている力を利用した医療を
これからも勧めていきたいと思います。
 
スポンサーサイト
イヌの椎間板ヘルニア(ハンセンⅡ型)の外科手術
 骨異栄養症犬種のMダックスやビーグルに多い、胸腰椎の椎間板ヘルニアには
ハンセン(Hansen)Ⅰ型とⅡ型があります。
 急に後足が動かなく、麻痺を生じるタイプはⅠ型が多いとされています。
中高齢になり、動きが鈍くなった、抱くと鳴いた、でも麻痺は無いなどの場合は
Ⅱ型だと言われています。

 もちろん、症状だけで1型Ⅱ型と区別、診断はできません。
今回、8歳のMダックスがⅡ型で手術適応になったので、
ご紹介いたします。

 ハンセンⅡ型の椎間板ヘルニアの確定診断は、通常、
CTのみで可能ですが、今回の子は、CTだけでは確定診断にならず、
MRIも実施いたしました。
 イヌの椎間板ヘルニアの診断は、CTでの診断が多いのですが、
最近では、脊髄神経の状態も詳しく把握できるのでMRIの撮影も多くなっています。

 いまだに、イヌではCTでの検査が多いのは、麻酔の時間によることと
MRI自体の値段が高いことも関係しています。
麻酔時間、経費の問題が改善されれば、イヌでもMRIでの診断が
増加するかもしれません。

 この子は、第13胸椎から第1腰椎の間にハンセンⅡ型のヘルニアが
確認されました。

縮小画像 CT Ⅱ型

基本、ハンセンⅡ型の治療は手術しても有効ではない、
また、術後悪化したなどの報告があるため、内科療法になります。
 今回、椎間板物質が、髄腔の40%を占めており、神経症状が悪化していたため
減圧を目的に椎弓を切除を行いました。

 現在、イヌのⅡ型には、減圧を目的とした椎弓切除術、
経皮的レーザー椎間板除圧術(PercutaneousLaser Disk Decompression,以下PLDD)、
背外側アプローチよる椎体部分切除術
( Corpectomyorpectomyorpectomyorpectomyorpectomyorpectomyorpectomyorpectomyorpectomy)
などがあります。
 どの手術法にも長所、短所があります。
1型の手術とⅡ型の手術の違いは、突出した椎間板物質を
除去するか、しないかです。
 Ⅱ型の場合、突出物質が石灰化を起こしていたり、
かなり固くなっています。
無理に触ると脊髄神経を2次的に障害します。
 今回の手術では、減圧だけを目的に行いました。
手術時間は、1時間で終了し、術中も飼主さんに立ち会っていただきました。

 手術後は順調に回復し、術後2日で退院となりました。
術後はリハビリとレーザー治療で来院されています。
日を追うごとに、歩けるようになり、今では、散歩も可能になりました。

 大学病院では、歩ける可能性は低いと言われましたが、
飼主さんの頑張りのおかげで、自力で歩行が可能になりました。
 飼主さんは、仕事を休んで、治療した甲斐があったと
かなり喜ばれていました。

 現在、イヌのⅡ型に対する治療法は、レーザー治療、
減圧術、鍼灸、さらに、ヘルニア物質の除去がおこなわれています。
 まだ、確立された手術法はありませんが、痛みや、歩行障害から
少しでも開放されることが一番ですね。

 



 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.