新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の会陰ヘルニアの外科手術 2
 会陰(えいん)という体の部位を知っている方は
医療関係者か、赤ちゃんを産まれた経験のある方だと思います。

 会陰は、簡単に言うと、股とお尻の間の部分を指します。
イヌやネコの場合、お尻の横から、やや下側です。

 この部位が大きく腫れて、体の一部が飛び出すことを
会陰ヘルニアといいます。
イヌに多く発症し、ネコには、稀な病気と言われています。
 イヌでも、中高齢から多くなり、特に未去勢のオスに多く発症します。
去勢したオス、雌イヌやネコには発症が少ないと言われています。
このことから、男性ホルモンが発症の要因になっているとも言われています。
本院では、シェルティーと尻尾の短い犬種が多いように思えます。
もちろん、ネコや雌イヌでも発症します。
 学会などでは、コーギー、マルチーズ、パピヨン、ダックス、ポメラニアン、
プードルが多いと報告されています。

会陰ヘルニア術中


 本院では、毎月のように、会陰ヘルニアの患者さんが来院されています。
会陰ヘルニアは、死に至るようなことが少ないため、ほとんどの飼主さんが、
「排便しにくい、便秘、便が細い」などを心配されて来院されます。

 会陰ヘルニアの治療は、内科療法では改善せず、
やはり、外科的に治療されています。
外科療法も、内閉鎖筋フラップ、半腱様筋フラップ、仙結節靭帯を
用いた整復法があります。
 ほかには、プロプロピレンメッシュを用いた整復法などもあります。
どの手術法も一長一短がありますので、担当医とご相談のうえ、
手術法をお決めいただいております。

 今回は、左側のみヘルニアが出ていました。
手術法は、仙結節靭帯を用いた整復法を行いました。

 会陰ヘルニア術後

 今回は、お腹を開けるような開腹術は行いませんでした。

 会陰ヘルニア術後

 会陰ヘルニアを発症したイヌの20%程度は、
ヘルニア孔から膀胱や腸などの腹腔臓器が飛び出していることが
多く、ヘルニア孔から簡単に返納できます。
しかし、簡単に返納できても、お腹の中で捻転を起こすことが
多くあるので、その場合は、開腹術も併用することがあります。

 この疾患は初期で発見できないことが多く、
初期であれば、手術も簡単なことが多いので、
うんちが出にくい、便が細くなったということがあれば、
早々に病院にお越しください。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.