新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬(パグ)の肥満細胞腫の分子標的治療(新しい治療法)
 イヌやネコには肥満細胞腫という悪性の腫瘍が皮膚に出来ます。
今までの肥満細胞腫の治療は、外科的手術もしくは、ステロイドの投与が
中心でした。
 今も、肥満細胞腫の治療は、外科的に切除することのみが
完治できる唯一の治療法です。

 パグの肥満細胞腫は再発を繰り返す腫瘍として有名です。
特に、皮膚に発症する肥満細胞腫は外科的に切除しても
他の部位に発症します。
 パグの再発性の肥満細胞腫の治療は
ステロイドの投与を行うことが多いです。
今回のワンちゃんは、パグで再発を繰り返す
肥満細胞腫でした。

 犬の肥満細胞腫 プレ

 ステロイドを飲んでいただくと
再発は無くなりますが、肝酵素の上昇と
副腎皮質機能亢進症になりました。

 ステロイドの投与が難しく、再発予防のため
インターフェロン製剤の『インタードッグ』を試みましたが
インタードッグでは再発を起こしました。
 人の方では分子標的医療が行われ、
動物でも行われています。

 当院でも、手術を希望されない場合、
また、手術が困難な場合などは、分子標的知慮を行っています。

 分子標的治療とは体内の特定の分子を狙い撃ちし、
その機能を抑えることによって病気を治療するくすりです。
抗がん薬の多くは、がん細胞だけでなく正常な細胞も攻撃してしまうので、
重い副作用を発現させることも少なくありません。
分子標的薬は、病気に関与する分子のみを攻撃するので、
がん細胞に対する効果がより高くなっています。

 現在、日本では、動物に認可された分子標的治療薬はありません。
海外では、イマチニブ(グリベック)、トセラニブ(パラディア)が
発売、使用されています。
 トセラニブに関しては、今年の発売が決まっており、
獣医師向けの説明会も行われています。

 今回のワンちゃんには、イマチニブを使用しました。
イマチニブは、日本では必要でジェネリックも発売されています。
 薬価は、先発品である、グリベック錠が
100㎎錠で¥2749(1錠)とかなり高価です。
 ジェネリックのイマチニブ錠「KN」が¥1824(1錠)です。
それでも、高価な薬です。

 現在、グリベックは、海外から取り寄せて使用しています。
グリベックが国内で発売されると、価格も少しは抑制できるかと
思いますが、保険制度のないペット医療に関しては、いまだ、
難しい治療でもあります。

 今のところ、本院で投薬していただいている
肥満細胞腫、膀胱がんの子たちは副作用も少なく
飼主さんも、安心して使用されています。

 肥満細胞腫の新しい治療法に関して
ご質問のある方は、本院のスタッフまで御連絡ください。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.