新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の肝臓がん(内側左葉)の外科手術
 肝臓という臓器に癌ができることは
人でも良く知られています。
肝臓という臓器が、『沈黙の臓器』とも言われています。
 イヌでも肝臓に癌ができます。
人と同じように肝臓がんの発見は遅くなりがちです。
人の場合、肝臓がんを血液検査で発見できる、『腫瘍マーカー』と
いうものがありますが、犬の場合、まだ、『腫瘍マーカー』は
見つかっていません。

 そこで、本院では、可能な限り、肝臓の酵素が上昇した時点で
超音波検査を行っております。
 超音波検査で腫瘍が見つかると、病理検査を行い『肝臓がん』で
あることを診断します。
診断後はCTなどの精密検査を行い、腫瘍の形状、血管の走行などを
確認したうえで、手術を決定します。

肝臓がん 術中1

 手術は内側左葉であることを確認しました。
犬の肝臓癌は、左側は後大静脈と離れているため
手術の難易度はそう高くないと言われています。
 しかし、右側になると血管の走行が後大静脈と隣接しているため
難易度が高くなり、後大静脈を遮断することも必要なります。

 この子は幸せなことに、左側なので
何とか、無事に手術が出来ました。

肝臓がん 病理画像
 
 腫瘍は、事前の検査と同じ部位に、同じ大きさで
確認できました。
 この大きさになるまで、飼主さんも、ワンちゃん本人も
気づいていないことが多いです。
 手術は可能な限り、出血を避けるため、
ソノサージ、ソノキュアなどの手術機器を用い、
安全にかつ、短時間で行っています。
 今までは、綿棒などでゆっくりと肝臓面から剥離し
出血を抑えながら地道にゆっくりと行われました。

肝臓がん 術後 1

 手術時間は約90分と、内側であるにも関わらず
短時間で終了しました。
術後は、正常な肝臓も病理検査のために、小さく辺縁を生検します。
手術から2日後には退院となりました。

 肝臓がんは進行がゆっくりとしており
発見が遅れることが多くあります。
レントゲンで確認できる頃には、すでにかなり大きくなっていることが
多く、この子ように早期に発見するには、軽度の肝酵素の上昇でも
腹部超音波検査を行うことが有用です。
 人と異なり、犬や猫の腫瘍マーカーが見つかっておらず
画像診断が重要です。
 早期の発見であれば、手術での根治も可能です。

 この子は、飼主さんと一緒に、これからも
一緒に居れることとなりました。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.