新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

画像診断と異なる椎間板ヘルニアの外科手術
 M.ダックスやビーグル、F.ブルドッグなどの骨異栄養症犬種は
椎間板ヘルニアになりやすいことは有名です。
最近では、Fブルドッグの椎間板ヘルニアが多く多く来院されています。
 椎間板ヘルニアの確定診断は画像診断になります。
特にCT,MRIが一番有用だと言われています。
今までのように、脊髄造影も行われていますが、脊髄に針を刺すことも
無いため、CT,MRI,さらに造影もオプションとして行われています。

 この子は、3~4日前から動きがおかしいと来院されました。
飼主さんからお話を聞くと、ソファーに上がらない、飼主さんに
飛びつこうとしないなどの症状がありました。

 レントゲンでは、胸椎の椎間の狭い場所がありました。
さらに、神経学的検査でも胸椎部のヘルニアを疑う所見が得られました。
ステージ判定は、グレードⅠと診断しました。
 この場合、手術は行わず、エラスポール、ビタミン剤、鎮痛剤で治療します。
治療は順調で改善傾向にありましたが、初診から6日目で右後肢がフラツキ、
来院されました。
 入院・点滴を行いましたが、改善が見られず、大学でCT検査を行いました。

 CT画像 椎間板ヘルニア 2 DV

 短軸像では、脊髄腔の7割近く、椎間板物質が飛び出しています。
今回、CT値から、ハンセンⅠ型、もしくはⅡ型のどちらかは
判断が難しいようです。

 椎間板ヘルニア CT 長軸断面

 長軸面では、2か所、椎間板物質が飛び出していました。
このように脊髄腔に椎間板物質が飛び出ていることが分かりました。

CTでは、かなり重症に見えますが、一般状態はそれ程でも無いことが多くあります。
この状態でも、臨床症状からグレードⅡで手術を行わなくても良いとされています。

 この子は、内科治療を行っていても症状が悪化したため、
飼主さんの希望で、手術を行うこととなりました。
手術は、CTの画像から胸椎の第11番目から13番目の間を
右からアプローチを行い、片側椎弓切除術を行いました。
 
 手術はマルチといって、2か所以上の複数の椎弓を切除します。
教科書的には4か所以上の椎弓切除は脊椎の不安定を起こすと
書いてありますが、この手術を行った先生や大学の教員からは
マルチの手術を行った後、骨折や脱臼を起こした症例を見たことが
無いと話をされています。
 当院でも、マルチの手術を行いますが、不安定に陥ったことはありません。
しかし、念のため、椎弓の切除の空間をかなり小さくしています。

 脊髄を下から圧迫している椎間板物質です。
内出血も起こしており、黒い血も出てきました。

 椎間板ヘルニア 術中 1 クリ

 椎間板物質を取りののぞくと、きれいな脊髄が見えています。

 椎間板ヘルニア 術中 2 クリ
 
 手術後から立ち上がれるようになり、手術から2日後には歩いて帰れるくらいになっています。
念のため、自宅では安静にしていただき、自宅で療養してもらいます。

 入院が長いと、リハビリも行えず、入院費用もかかるので
当院では、椎間板ヘルニアの入院は、1~2日間になっています。

 椎間板ヘルニアは、画像だけでも判断が難しく、
臨床症状だけでも判断が難しい疾患です。
犬も人のように、逸脱した椎間板物質が消失することがあることが報告されています。
 さらに、手術中に、予防的にPLDDなどを行った方が良いとされる報告もあります。

 今後、さらなる研究と症例の積み重ねが必要です。
それまでは、飼主さんと相談・協議を行い治療していこうと思います。

 飼主さんは、元気に歩けるわが子を見て
喜んで一緒に帰宅されました。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.