FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
シーズーの頸椎椎間板ヘルニアの外科手術
 愛犬がある日突然、首から下が動かなくなるとビックリします。
そんなことが現実にあります。

 本院では年に数件、動けなくなったワンちゃんが来院されます。
もちろん、ほとんどの方が「抱くとキャンと泣いた」、
「じっとして動かない」「ソファーに上がらない」と来院される方が
ほとんどです。

 この子は、以前、腰の椎間板ヘルニアをお越し、本院で
外科手術を行っています。
 その際、頸椎のMRIも実施しており、頸椎にもヘルニアがありました。
しかし、頸椎のヘルニアは経度であること、また、臨床症状に出ていないこと、
神経学的検査でも頸椎の異常が無いことから、頸椎は手術しませんでした。

 手術から1年経って、前足の動きが悪くなり、食事を残すようになりました。
飼主さんも心配で来院され、再度、MRIを撮影しました。

 結果は、頸椎の椎案版ヘルニアで、2か所認められました。

頸椎ヘルニア 画像 MRI

 頸椎の2か所が下から、押し上げられています。
今回の前足が動かなくなった原因の場所は、頸椎の2番目と3番目の間になります。
手術はVENTRAL SLOT DECOMPRSSION(ヴェントラルスロット;頸部腹側減圧術)を
行うことになります。

 この手術は、喉側から皮膚を切開し、気管を避けて、
頸椎をドリルもしくは、超音波骨破砕機を使用し穴を開けます。
穴の先には、椎間板物質があり、その椎間板物質を除去します。
 
頸椎ヘルニア 術前

頸椎ヘルニア 術中

 手術は、どの頸椎間に椎間板物質があるかで難易度が変わります。
手術後は、重症度によりますが手術時間は1~3時間といわれています。

 この子は、手術後、2日で退院となりました。
自宅に帰宅後は元気で食欲もあり飼主さんも喜ばれていました。
 術後は、可能な限り、術部に負担をかけないようにし、
10日後に抜糸となりました。

 現在は、とても元気にされています。
この子は、16歳と高齢だったので、飼主さんも心配されていましたが、
術後の元気な姿を見て、手術して良かったとおっしゃっています。



スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。