新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

若齢犬の椎間板ヘルニアから脊髄軟化症に移行した症例
 椎間板ヘルニアという言葉は、ダックス、Fブルドック、などの
骨異栄養症犬種を飼っている方なら聞いたことがあると思います。

 この子は、2歳のトイプードルで、元気に過ごしていました。
正月に急に、後ろ足がうまく動かなくなり、かかりつけの病院に行かれたようですが
お休みで、近くの別の病院に行かれたようです。
 そこでは、鎮痛剤を処方され経過を診ていたようですが、
日に日に悪化し、また違う病院に行かれました。
 その病院に行く際には、明らかに後ろ足が動かなくなっていました。
そのまま、入院・点滴を行っていたようですが、それでも悪化は続いていました。

 飼主さんは、心配になり本院に転院されてきました。
以前の病院で椎間板ヘルニアと仮診断されていましたが、内科療法で
改善しないので、外科療法を望まれていました。

 本院に来院された際には、前足にも麻痺が発生し、すでに脊髄軟化症に移行していました。
飼主さんには、現在の状態、一刻も早く、軟化症の進行を止めることをお勧めしました。
 まずは、外科手術が適応可能かと現状を把握するため、大学でMRIを実施しました。
結果は、頸椎にまで進行した脊髄軟化症でした。
原因は、椎間板ヘルニアでした。
 下記にMRIの画像を掲載しておきます。

 軟化症 1


軟化症2

 この状態では、手術適応ではなく、好中球を抑制する薬を血管の中に
点滴で投与し、軟化症の進行を止めようと頑張りました。
 しかし、毎日、軟化症は進行し首も動きにくくなり
飼主さんに、苦しくないので、自宅で1晩、ワンちゃんと過ごしてみては?と提案しました。
飼主さんも、苦しくないなら、自宅で一緒にいてあげたいとおっしゃってくださいました。

 その日の明け方に、苦しまず、天国に召されました。
飼主さんは、最後まで諦めず、治療をされました。
 まだ、2歳とあまりにも短い人生でしたが、飼主さんの
ワンちゃんへの気持ちや、助けてあげたいという気持ちは
しっかりとワンちゃんに伝わったと思います。

 痛みも無く、苦しみも無く、行ってくれたのが
良かったと飼主さんがおっしゃっていました。
 
 本院では、今まで1度も脊髄軟化症に移行された子がいなく、
今回が初めての症例でした。
 脊髄疾患の患者さんは多く来院されていますが、
初期治療に力を注いでいるため、死に至る子はいません。

 椎間板ヘルニアは、内科療法でほとんど改善する疾患です。
しかし、最初の判断、治療が重要であると痛感させられました。


 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.