新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

老犬のMダックスの両側乳腺全摘出術(乳癌の進展)
 海外と比較し、日本では犬や猫の乳腺腫瘍の発症率が多いと言われています。
特に、老犬の乳腺腫瘍の発生が多く見られます。
 本院でも、避妊されていない犬の乳腺腫瘍が多くは来院されます。

 乳腺腫瘍は、乳頭の近くに出来るもの、もしくは、
乳頭とは離れた場所に出来るものと様々です。

 この子は、1年半前に近くの動物病院で乳腺腫瘍と診断されていました。
しかし、年齢も14歳と高齢なので検査・手術を行わず生活していました。
乳腺腫瘍は1年半の間に徐々に大きくなり、飼主さんも心配になっていたようです。
 紹介で、本院に来院され、検査を希望されました。
病理検査の結果、乳腺に進展し、リンパ管侵襲も認められました。
 結果を飼主さんと相談し、手術を行うことになりました。
乳癌の手術は、部分切除で短時間で手術を終了することが多いですが、
この子の場合、発症から手術まで1年半経過していること、
年齢も14歳と高齢なので、手術はこれが最後にしたいという飼主さんの
強い望みもありました。

 乳腺腫瘍は、このように1番目の乳頭から、5番目の乳頭まで
左右に腫瘍が発症していました。
 
 乳腺腫瘍術前

今回の乳腺腫瘍の手術の前に
子宮蓄膿症の緊急手術を行っているので、縫合の跡があります。

乳腺腫瘍 術前2

 胸には乳腺腫瘍の他にも脂肪腫が認められます。
飼主さんは、年齢のこともあるので、なるべく1回で再発しないように
手術を希望されました。
 
乳腺腫瘍 術前3

 両側の乳腺の摘出術は1時間半で終了しました。
手術には、電気メス、半導体レーザー、超音波メスを使用し、
可能な限り、麻酔時間を短くしました。

 腫瘍および、付属リンパ節の切除も同時に行いました。
本院では、乳腺腫瘍の手術の場合、付属リンパ節も同時に
切り取り、病理の検査を行います。
 乳腺腫瘍の病理検査だけ行うのも、
同時にリンパ節の病理検査を行うのも金額は同じです。

乳腺腫瘍 術後 病理

 術後は、ドレーンを装着しました。
手術後は、1泊入院していただき、帰宅となりました。
術後は、普段通り歩けるようになっています。
また、食欲もあり、食欲もありました。

 乳腺腫瘍 術後

 手術の傷は、かなり衝撃的な様相をしています。
退院後は、病院で作成した、お洋服を着ていただき
生活に無理が生じないようにしています。

 猫の乳腺腫瘍は悪性がほとんどなので、
両側の全摘を行うことは少なくありません。
犬の場合、術前の病理検査にて悪性、もしくは脈管侵襲が
認めらた場合、片側の乳腺のみ摘出することが多くあります。
 今回は、14歳と高齢なので麻酔時間が長くなることから
部分切除をお勧めしましたが、飼主さんの意向で、
再発が無いように両側全摘出になりました。
 術後は、飼主さんの想像以上に元気で術後は良いので
安心される方が多いです。

 乳腺手術は難しい手術ではありません。
しかし、麻酔時間が長くなることもあるので、
術前検査には心電図、血液検査、レントゲンは最低、必要な検査です。

 高齢のワンちゃん、ネコちゃんの手術には心配がつきものです。
飼主さんの心配を少しでも軽減するため、本院では、飼主さんの手術の立ち会い、
手術が終わるまで院内での滞在も可能にしています。

 また、手術担当医が、退院、抜糸までのケアを行っています。
担当医が変わることによる、飼主さんの不安も解消されます。

 詳しくは、担当獣医師、もしくは病院スタッフまでご相談ください。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.