新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

子宮蓄膿症の内科療法
 犬と猫には子宮蓄膿症といって
発情後の子宮に大腸菌などが入り込み
感染を起こした状態にる病気があります。

 子宮蓄膿症 巨大

 本院でも月に数例、来院されます。
この疾患に対する治療法は今も、昔も外科療法が
ベストと言われています。
 
 しかし、ベストではあるけども
ベターではありません。
 
 本院でも外科手術を行い、完治を目指すことが
多いですが、内科療法もあることは飼主さんにお伝えしています。

 現在、内科療法には
1.PGF2α
2.カルベゴリンークロプステノール
3.アグレプリストンークロプステノール
上記の3方法があります。

 本院では、1.と3、を使用しておりますが、
1.に関しては使用した経験のある先生は予後が悪いとか、
あんまり、良くなかったという経験があると思います。
 私自身も、副作用の経緯からあまり、おすすめはしておりません。

 3.のアグレプリストンは日本には未発売のお薬で
海外では、フランスで動物用薬として発売されています。
ヨーロッパの一部の国とオーストラリアで発売されています。

 アリジン


 アグレプリストンという動物薬は、もともとは
堕胎薬として発売されています。
作用は、合成プロジェステロン拮抗薬で、プロジェステロンの結合力は3倍で
プロジェステロンに結合し、プロジェステロンの作用を一時的に抑制することが
可能である。
 子宮蓄膿症の犬に投与すると黄体期から脱し、細菌の増殖が抑制され
プロジェステロンのの支配を受けていた子宮頚が弛緩するため排膿が促進される。
(J-VET,2011.3から一部引用)
投薬には入院が必要なく、皮下に注射を数回(症状による)投与すれば可能です。

 副作用はほとんどなく、注射部位の痛みが少しある程度です。
効果のほどは、文献上ですが、日本の文献では開放制の場合、治癒率は92.6%
(27頭中25頭)、閉塞性の場合、66.7%(9頭中6頭)でした。
海外の文献では60%(20頭中12頭)というものもあり、さまざまでした。
 
 では、良いことばかりかというと、そうではありません。
1.効果の発現までに時間がかかる。
2.必ず治癒するとは限らない。
3.赤ちゃんを産めるのは5歳まで。
4.日本未発売なので、どこの病院でも治療ができない。
5.再発率の高さ。

 上記の副作用なり、マイナス面も考慮し
内科的療法、外科的療法を選択されるのが良いかと思います。
 いままでは、高齢の子、麻酔のリスクの高い子、子供を産ませたい子に
悲しい結末や、望まない治療になっていましたが、現在、特にここ数年は
この薬の発売により、治療の選択肢が多くなりました。
 
 選択肢が増えるということは、とてもよいことですが、
その分、担当獣医師との話し合いがさらに大切になります。

 子宮蓄膿症の治療に疑問を持った場合は、
担当獣医師もしくは、スタッフまでお声をお掛けください。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.