新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

短鼻腫の呼吸障害の外科手術(鼻孔拡大術)
 フレンチ・ブルドックの流行を受けて
パグ、ペキニーズなどのお鼻の短い犬種が増えています。

 特に、フレンチブルドッグ、パグは呼吸を苦しそうに
行っているのを見たことがあると思います。

 これらは、呼吸障害と言われ、犬種の特徴でもある
鼻が短いことで上手く呼吸ができません。
中には、ブヒブヒ言わない子や、『いびき』をかかない子もいます。
しかし、ほとんどの短鼻腫の子は両方、することが多いですね。

 本院では、飼主さんと相談しいびきや呼吸を改善するため、
お鼻の美容形成術と軟口蓋といわれるお口の中のビラビラしたものと
切除する手術を行っています。

 今回は、フレンチブルの呼吸器障害で苦しんでいた
ワンちゃんのお鼻の形成術を紹介します。

 まずは、術前のお顔のアップからです。
このように、カワイイお顔をしていますが、鼻の穴が
あまり開いていないのが分かるかと思います。
 これでは、空気を鼻から吸いにくく、苦しいのかもしれません。

短鼻種の鼻の手術前

 手術は、北大の外科の先生が行っている手術法を使用します。
教科書的にはメスを使い、鼻の一部を切り取り縫合するとあります。
北大の方法はメスを使わず、パンチ生検用の器具を使い鼻の大きさを
大きくすします。
 手術時間は10~15分くらいです。

 手術後はこのように、手術前と比べかなりお鼻の穴が大きくなっています。

短鼻種の鼻の手術後

 手術後は半日、入院を行い、当日にお返ししますが、
この子は、夜の時間に手術を行ったので翌日の朝にお返ししました。
飼主さんも手術時間中は病院に居ていただき、麻酔が覚めると同時に
面会をされ、安心されていました。

 短鼻種で呼吸障害に悩まれている方は
これからの暑い季節、熱中症対策に向けて様々な対象法を
考えていただいていると思います。
 その中に手術の考えてみていただくことも有用かもしれませんね。

 ブヒブヒ言っている子も可愛いですが、
暑い日に苦しそうにブヒブヒはつらいかもしれませんね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.