新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

未去勢犬の会陰ヘルニアの外科手術
 去勢手術を行う犬が多くなっています。
本院では、去勢手術を勧めることはしていませんが、
去勢手術の良い面、もしくは、マイナス面をお話しております。

 去勢手術は獣医の外科領域では
簡単な手術の分類に入りますが、全身麻酔が
必要であり、病気というカテゴリーに入らない手術です。

 そこで、去勢手術に関する知識を飼主さんと
話し合い、総合的に飼主さんに判断してもらっています。

 今回は、8歳になるまで去勢手術をおこなわず、
排便障害を主訴に来院されたMダックスの男の子です。
 排便の最中に、鳴くようになり痛がるように
排便すると来院されました。
 以前に、前立腺腫大で、うんちが細くなり
去勢手術は行っていました。
 
 排便障害の原因を直腸検査(触診)を行ったところ、
肛門の左側に憩室(空洞、部屋)があり、そこにうんちが溜まっていました。
診断は、会陰ヘルニアとなりました。

 会陰ヘルニア 術前


 会陰ヘルニアとは、肛門の両側に会陰部という場所があり
そこの筋肉が低下し、排便の圧力により直腸に憩室が出来てしまいます。
その憩室にうんちがたまり、排便障害になります。
 治療法は、男性ホルモンが一つの要因になっているので
去勢を行うこと、便を柔らかくすること、手術でヘルニアの穴を
閉じることなどがあります。

 本院では、可能な限り、根治療法をと考えているので
手術と去勢を勧めています。
しかし、手術できない子、手術をしたくない子には
レーザー治療、皮下のインプラント、便軟化、蠕動運動促進剤などで
経過を診ることもあります。

 毛を刈った状態です。
会陰ヘルニア 術中 1


 手術には、様々な治療法がありますが、
本院では器具などを術部に入れない治療法を勧めています。
手術時間は約40~60分くらいで終了します。
可能な限り、当日にお返ししております。

 このように、縫合糸を靭帯、筋肉にかけ、
ヘルニアの穴をふさぎます。

 会陰ヘルニア 術中 2

 縫合糸をかけた後は、その糸をしっかりと結んで
ヘルニア孔を閉じます。

 会陰ヘルニア 術中 3

 この子は、左側の会陰部がヘルニアになっていました。
右側も筋肉は薄くなっていましたが、まだ、ヘルニアには
なっておらず予防的に手術するほどでもありませんでした。
 
 手術後はこのように『ッキュ』となっています。
これは、手術により、肛門の括約筋と周囲の筋肉が
くっついた状態に戻った証拠です。
両側のヘルニアの手術後は、まるで『えくぼ』のような
形になっています。
 今回は左側だけなので、片側の『えくぼ』になっています。

会陰ヘルニア 術中 4

 会陰ヘルニアは早期であれば、1回の手術で完治します。
術後は、便軟化剤や食事療法などは必要なく、今までのように
楽しい生活が可能になります。

 この疾患は、男の子に多いとされていますが、
メス犬でも発症し、手術したことがあります。
排便の際、痛がるようになった、便が細くなったなどの
症状がある場合は獣医師に相談してみることも有用かもしれません。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.