新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の尿道結石の外科手術
 膀胱結石や、尿道結石は普段の診察で
見かけます。
 特に、猫は膀胱結石が多く、秋から冬にかけて
多く来院されます。
理由は、猫も犬も寒くなると飲水量(飲み水の量)が減り、
トイレの回数が減るからだと言われています。
オス猫の尿道は短く、細いので、結石ができると
おちんちんの近くで詰まったりすることが多くあります。
 メス猫に比べ、オス猫が多く、特に去勢済の猫の発症率が
1番、高いと報告されています。
 
 この子は、遠方から紹介で来院された
Aショートヘアーの6歳の去勢済のネコちゃんです。

 数か月前から、おしっこが出ないと近くの病院で
入退院を繰り返していたようです。

 本院に来院された際にも膀胱はパンパンに腫れあがり
おしっこが全く出ていない状態でした。
 飼主さんは、1日でも早く治してあげたいと必死でした。
すぐに検査を行い、診断は尿道に多数の結石が詰まっていました。
これは日々の診察でもよく見かける状態ですが、
この子の場合、尿道に食い込んでおり、カテーテルを使っても
結石が膀胱に戻らないことがわかりました。

 すぐに手術となりました。
手術は、尿道に食い込んでいる結石を除去し、
膀胱内にもある結石を取り除くことです。

 さらに、再度、結石が出来ても尿道に詰まらないよう
会陰尿道ろう造設術を行うことです。
 この手術の良いところは、再発が予防できます。
しかし、膀胱炎を併発しやすいこともあるので、
術前に飼主さんとよく相談しておきます。
飼主さんは、早く自分でおしっこが出るようにしてあげたいので、
手術のリスクや併発する病気にも理解を示していただきました。

 手術の中の写真です。

 尿道結石 術中

 小さくてわかりづらいと思いますが、
尿道の中に、カテーテルの横にへばりつくようにして
結石が2個、あります。

 手術は、この後、尿道の太い部分で切り取り、
皮膚に逢着します。

 さらに、術後は2日間カテーテルを入れた状態にしておきます。
この子は、尿道が太かったので、約4mmのカテーテルが入りました。

 術後

 取り出した結石は、このように大きさも様々なサイズでした。

 結石

 結石の成分は、98%以上がシュウ酸カルシウムという分析結果です。
この結石は、現在、食事などで溶かすことが難しく
再発予防に頑張ることがベストな結石です。
 
 本院では、今回行った手術は可能な限り、行わないように
食事療法などで再発の予防を行っていますが、
年に数回、いろいろな理由から手術を行わざるを得ない場合があります。

 食事療法でも再発する子はいますし、
飼主さんが頑張っても、再発し、詰まる子はいます。
 この手術がベストな治療法ではないですが、
いろいろな原因などから行わないといけない場合があります。

 現在まで、この手術のマイナス面などを飼主さんと
相談し決断された飼主さんは、みなさま喜ばれています。
 この子も、遠方から来られて、さらに、飼主さんも
電話で状態を確認するたびに良かったとおっしゃっています。 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.