新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の眼臉腫瘍の外科手術
 眼の周囲にできものが、出来たと来院されることが多くあります。
ほとんどが、中高齢のワンちゃんに多いようです。

 眼の周囲に特に眼臉部に腫瘍や炎症が多発します。
では、眼臉部にできるものはなんでしょうか?
・臉板腺腺腫(のう胞腺腫)
・黒色腫
・乳頭腫
・組織球腫
・肥満細胞腫
などがあります。

 中でも、1番、発生率が高いのが臉板腺腺腫です。

この11歳のキャバリアの子も、以前からできものがあり、
飼主さんも気にしていましたが、手術に踏み切れず、時間が経っていました。

 今回は、ワンちゃん自体も気になるようになってきたので
手術となりました。

腫瘤オペ前1

 この腫瘍には、凍結手術法、温熱療法、外科手術などがあります。

 本院では、凍結療法、外科手術から選べます。
今回は、腫瘤が大きかったので、外科手術となりました。
 
眼の腫瘤 オペ前2

手術は、全身麻酔下にて行います。
凍結療法では、おとなしい性格の子は、無麻酔で行います。
しかし、ほとんどの子が、怖がるので、鎮静をかけて行うことが多いです。

 外科手術は、眼の周囲の毛を刈り、消毒をおこないます。
その後、手術となりますが、手術時間は、10~20分で終了します。
入院は、お昼にお預かりし、夕方に帰宅されます。
 術後は、1週間くらい、点眼薬と眼を擦らないようにしてもらいます。

 手術後は、抜糸があるので、7~10日後に来院していただきます。
手術直後は、このようになっています。
 この写真は、撮影者の問題で、逆さまになっています。。。

 オペ後

 眼臉の腫瘍は徐々に大きくなっていき、眼の角膜に当たるようになると
角膜炎や、角膜潰瘍ができることがあります。

 可能な限り、早めの手術を行うことをお薦めしております。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.