新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の椎間板脊椎炎の治療
 ダックス、キャバリア、コッカースパニエル、Wコーギーなどが
『キャン』と鳴いた、もしくは、元気が無いと来院されることが
多くなっています。

 ダックスなどの骨異栄養症犬種では、椎間板ヘルニアであることが
ほとんどですが、中には、椎間板ヘルニアではなく、椎間板脊椎炎で
来院されることが多くあります。

 ダックスの飼主さんなら、ほとんどの方が、椎間板ヘルニアのことは
良く勉強されていることと思います。
しかし、椎間板脊椎炎という病気はあまり、知らせていません。

 『椎間板脊椎炎』とは、椎間板の感染とそれに隣接した脊椎の
骨髄炎が同時に起こったものであると定義されています。

 この疾患は、椎間板ヘルニアと、にかよった症状なので
椎間板ヘルニアと間違われることが多くあるともいわれています。

 脊椎炎の発症率などは、詳しい報告はありませんが、
本院では月に数例、来院されます。

 脊椎炎は、外部から脊髄に細菌が入り込み脊髄に炎症を起こすことにより
重症になると歩けなくなります。
 
 診断は、CTもしくは、MRIがベストと言われています。
 
 この子は、以前から脊椎炎疑いで、経過を診ていましたが
歩行が困難になり、来院されました。
 CTでの検査では、正常と比べ、明らかに脊椎自体の変形
脊髄腔にも脊椎変性が生じています。

 これは、背骨を横から見たCT像です。

 脊椎炎 CT2

 こちらが、脊椎炎で脊椎にブリッジができ、
変形しているCT像です。

 脊椎炎 CT3

 さらに、脊椎の輪切りのCT像です。
こちらが、正常像です。

脊椎炎 正常CT1

 こちらが、脊椎炎のCT像です。

 脊椎炎 正常CT2

 CTでは、このように3D画像が構築できるので、飼主さんにも
分かりやすく、説明が可能です。
また、レントゲンでも、脊椎炎が診断可能なことも多く、
本院でもレントゲン、一般状態、神経学的検査にて、診断しております。

 治療は、手術をしても改善が認められないことなどから、
基本的には、内科療法で、歩けない子も改善します。

 1.抗生剤
 2.ビタミン剤
 3.抗炎症剤(非ステロイド性)
 4.サプリメント

 本院では、上記に半導体レーザーや、サプリメント、
また、エラスポールといった抗炎症剤を組み合わせて
治療させていただいております。

 現在までに、脊椎炎の重症例で麻痺して来院された子も
すべて、内科療法で良くなりました。
 中には、12週間もかかった子もいますが、
今は、元気に歩けるようになっています。

 脊髄疾患、脊椎疾患は、すべてがヘルニアではなく、
脊椎炎、変性症、変形症、腫瘍と多岐にわたります。

 本院でも変性症(DM)のWコーギー、腫瘍のキャバリア、パピヨン、
変形症のダックス、キャバリア、ビーグルなど、多く来院されています。
 
 ヘルニアが有名なので、背骨の神経疾患=ヘルニアと決めつける
傾向がありますが、レントゲン、神経検査をもとに、診断、治療を
されることが、自分の愛犬を守る第一歩なのかもしれません。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.