新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

鼠蹊ヘルニアから腸が飛び出したシュナウザー
 人でも鼠蹊(ソケイヘルニア)という病気はありますが、
犬でも、ソケイヘルニアを持っている子がたくさんいます。

 この子は、ブリード用に飼育されていて、里子に出された
Mシュナウザー女の子です。

 今の飼主さんは、かわいそうで引き取ったようです。
引き取った後は、特に何も問題もなく生活をしていたようですが、
急に、左の股関節の辺りが腫れて来て、びっくりして来院されました。

 診察する前に、待合室で自潰し、中から大量の膿が出てきました。
大きな腫れはソケイヘルニアの穴に、腸が飛び出し、化膿したようです。

 ソケイヘルニア 1

 本院でも、日ごろから、ソケイへルニアと診断することは多くあります。
その際、飼主さんには、このヘルニアの穴が大きくなること、また
穴から腸、脂肪、膀胱などが飛び出すこともあることをお伝えしています。

 
 この子の飼主さんは、ソケイヘルニアを持っているということは
病院に連れて行ったことが無かったので、知らなかったようでした。

 ソケイ部を洗浄し、壊死した部分を切除しました。
中の様子をのぞくと、明らかに、お腹の中から何かお腹の外に
飛び出してきていることが確認されました。

 ソケイへルニア 2

 飼主さんも立ち会いの元、開腹手術をおこないました。
お腹を開けて、ソケイ部を確認すると、小腸がソケイ部の穴から
飛び出していました。

 ソケイヘルニア 開腹後

 手術は、飛び出した部分を切除し、小腸を縫い合わせ、
手術は飼主さんも確認の後、お腹を閉じました。
 手術後は2日間入院させ、ガストログラフィンで造影後、
帰宅となりました。

 手術も立ち会っていただき、飼主さんも無事、終了し
大変喜ばれていました。
 一度は見捨てられた命だったので、何とか助かり良かったです。

 現在は、飼主さんのもとで、元気に老後を過ごしています。


 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.