新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

コーギーに発生した膀胱結石の外科手術
 コーギーという犬種は、独特の体型と
お尻を振り振りした歩き方がたまらなくカワイイということで
ブームが終わっても人気犬種でいます。

 しかし、コーギーにも遺伝的に病気が
結構、あることも有名です。

 例えば、椎間板ヘルニア、変形性脊髄症(DM)、
血が固まりにくいフォンウィルブランド(vWD)、
目が見えなくなる進行性網膜委縮症(PRA)などがあります。

 上記、以外にも自己免疫疾患も多いと言われています。

 今回、膀胱結石となった8歳のWコーギーも
自己免疫疾患から立ち直り、飲み薬もやめることができた
遺伝的に問題をもっているワンちゃんです。

 膀胱結石は血尿を認め、初診時に超音波検査で
結石が見つかりました。
 当初、食事療法を行いましたが、なかなか結石が解けず、
飼主さんも心配になり、手術となりました。

膀胱結石 術中


 手術は、膀胱に結石よりも小さな穴を開け、
結石を取り出し、術後は、フォーリーカテーテルを留置し
2日後には退院となりました。

膀胱結石 術中2

 結石は分析の結果、98%以上がリン酸アンモニウムカルシウムと
いう結石でした。
 この結石は、食事療法でも溶けるといわれていますが、
この子は、数か月、頑張ったのですが、溶けませんでした。
飼主さんも、とても残念がっていました。

フォーリーカテーテル

 膀胱、腹壁はPDSという、溶ける糸で縫合します。

 この子は、以前、自己免疫疾患で治療していたので
糸に反応して腫れないか不安でしたが、不安は的中し、
ポッコリと腫れてしまいました。

 ステロイドの投与を余儀なくされましたが、
肝臓などにも異常を認めず、元気になりました。

 現在は、痩せること、また再発防止のために
食事療法、飲み水療法、トイレ療法を取り入れて
頑張っています。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.