新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

胃拡張ー捻転症候群(GDV)
 「先生、うちの子が散歩後、急にぐったりして、動かないんです。」
そういって飼主さんが来院されました。
 その飼主さんは、散歩後、ワンちゃんが急にぐったりして動かなくなり
かかりつけの先生に連絡入れたそうです。
でも、その病院はお休みで、なんとかその病院の院長先生に連絡が取れ、
状況をいち早く把握し、本院を紹介されました。
 
 すぐに診察室に入ってもらうと、ワンちゃんはぐったりして、
お口の粘膜も真っ白、さらにお腹が腫れています。
すぐにレントゲンを撮りました。
 胃の中はガスで満たされています。

        GDVレントゲン
 
        GDVレントゲン2

 黒い部分が全て胃の中のガスです。
通常の数倍大きくなっています。
 このレントゲン写真から
胃拡張ー捻転症候群(gastric dilation-volvulus)と仮診断し、
大きな針を胃の中に差し、ガスを10L近く抜いて、緊急手術となりました。

 手術は胃を元の位置に戻し、胃を右の肋骨に固定する手術です。
手術法は『肋骨周囲幽門洞フラップ固定術の変法』です。
 GDVになると他の臓器も障害を受けている場合が多いのですが、
早く病院に来院されたので、他の臓器に問題はありませんでした。

術中
GDV1


術後
術後


 術後は翌日から食欲も回復し、その翌日には元気に歩いて退院されました。

 このGDVという疾患は大型犬に多いといわれていますが、
このワンちゃんは20kgと大型犬というには小さいワンちゃんでした。
 
 この病気になる要因としては、5つあります。
 1.オス犬
 2.軽量(痩せている)
 3.1日1食
 4.食事時間が短い
 5.怖がり、もしくは神経質

 このワンちゃんも上記の5つに当てはまりました。
もちろん、上記に当てはまる子ばかりではありませんが。

 この子はかかりつけの先生の判断がよく、
すぐに本院を紹介され、その日のうちに診断、緊急手術を受けられ
元気になり、帰宅されました。

 この病気は胃のガスを抜いただけでも改善するのですが、
ほとんどが再発するので、可能であれば手術をされたほうが良いかと思います。

 20kg以上のワンちゃんを飼われている方は
この病気を良く知り、おかしいと思ったらすぐに来院されることをお勧めします。


 


 

スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.