新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
臨床症状を伴わない犬の膀胱結石
 尿管に結石ができて治療中ですという飼主さんが
いらっしゃいますが、今回はワンちゃんに起こった膀胱結石です。

 犬の場合、尿管結石は、膀胱結石に比べ
発生は少ないと言われています。

 この子は、9歳になり、初めて手術を受けたのが
膀胱結石で、それもかなり大きな結石を持ったMダックスの
女の子です。

膀胱結石には
・リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト、ストルバイト)
・シュウ酸カルシウム
・尿酸塩
の3種類が良く知らせています。

 この子は、ストルバイト(MAP)とよばれる
食事で治療可能なことのある結石でした。

 しかし、この子の結石は直径3.5cmもあり、
結石が解けるのを待つことを飼主さんが心配され
手術となりました。

 手術は、皮膚を4cmくらい切開し、膀胱を切開し
結石を取り出し、吸収糸で縫合を行い、翌日に帰宅になります。

 膀胱結石 1

入院中はフォーリーカテーテルを使用し、膀胱が大きくならないようにし、
膀胱の縫合部に力が入らないようにしておきます。
 
 術後は、食事療法と、抗生剤、痛み止めで経過を診て抜糸となります。
手術自体はとても簡単な手術です。
早い子は30~40分くらいで終了します。

 膀胱結石は、飼主さんが気づかない内に
大きくなっていることがあり、気づいた時には
結構、大きな結石になっていることが少なくありません。
また、尿検査で結晶成分が出てこない子も少なくないこと、
レントゲンに写らない結石もあることから、超音波検査が
最良の検査と思われます。

 この子の結石はストルバイトだったので、
再発予防のフードもあり、また早期に見つかると
手術ではなく、溶かすことも可能です。

 膀胱結石 2

 トイレの回数が多くなった、赤いものが尿に混じっている
などの症状がある場合は、膀胱の病気も考えても
良いのかもしれませんね。

 膀胱結石の手術はほとんどが、簡単な手術ですが、
手術になる前に食事療法、サプリメントなどで改善できたり
治癒することもある疾患なので、心配であれば、尿検査、
もしくは、超音波検査が有効です。

 尿検査は、持参していただいても構いません。
超音波検査は痛みを伴わなく、麻酔も必要ない検査です。
さらに、飼主さんも同席できるので、心配な方は、
検査を一緒に受けられると良いかと思います。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。