新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

高齢のダックスの皮脂腺上皮腫の外科手術
 皮膚の腫瘍は、日ごろから来院される
腫瘍の中で一番多いもののひとつです。

 さらに、7歳を超えるころから腫瘍の発症率も
多くなっています。

 この子は、以前にも乳腺腫瘍、皮膚腫瘍と
数回、手術を受けて来た14歳のMダックスの女の子です。

 今回は、以前から頬に腫瘤があり
気にはなっていたようですが、年なので
手術もしたくなく、様子を見ていたとおっしゃっていました。
 しかし、最近、腫瘍を気にして床などに擦り付けたり
また、後ろ足でひっかいて、出血するようになり来院されました。

術前検査で胸部に腫瘤があり、肝数値も高くなり
飼主さんと手術に対して麻酔のリスクを話あいました。
結果、超音波での更なる精査を行い、麻酔のリスクが低いことが
分かり、手術となりました。

 術前は、このように、カリフラワー状になり
血もすぐにでるような状態です。

 ダックスの平滑筋腫 術前

 手術は、肝数値も高いこと、さらに、胸に腫瘤があることなどから
導入薬、前投与薬などを考慮し、手術に臨む前から
自宅での投薬も行い、麻酔となりました。

 手術は30分程度で終了し、3時間後に帰宅されました。
帰宅後から食欲もあり、元気にしており、飼主さんも気にされていた
手術部位もかかず、食欲もモリモリでした。

 ダックスの平滑筋腫 術後

 病理の結果は、『皮脂腺上皮腫』でした。
これは、低侵襲度のある、悪性と良性の間のような
腫瘍でした。
今回の摘出で、完全に切り取れており、再発の可能性は無いようです。

 飼主さんも、手術に踏み切って良かったと
喜ばれていました。
 15歳近くの犬や猫の腫瘍の手術が増えています。
飼主さんは、手術を行うか、年なので止めようか悩んでいるうちに
徐々に大きくなり、心配になり来院んされます。

 手術が可能か、出来ないかは難しい判断だと思います。
特に、年齢が年齢だと。
 手術が出来なくても、レーザー治療、放射線療法、
など様々な治療法があるので、心配なら獣医師に相談することも
良いかもしれません。
 現在、胸の腫瘤に関して、大学と協議して
CTでの精査を行うか、検討中です。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.