新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ハムスターのアポクリン腺腫の外科手術
 ハムスターのイボで来院される場合、
ほとんどが、皮膚にできた腫瘍か、もしくは、
皮膚の下にできた腫瘍で来院されます。

 イボと腫瘍は呼び名が変わるだけで、
内容はほぼ同じといっていいと思います。

 この子は、以前から左脇にイボが出来て
少しずつ大きくなり、心配になり来院されました。

 初めて見せていただいた時には、
かなりの大きさになっており、飼主さんも
かなり心配されていました。

 腫瘍自体は、皮膚と、皮下にまたがり、
腫瘍を大きく見せている原因は、腫瘍に一部に
液体が溜まっているからです。

 ハムスター アポ 腺腫 術前

 腫瘍に針を刺すことを了解していただき、
飼主さんの前で、小さな針を腫瘍に刺しました。
中から赤い半透明の液体が出てきました。
液体の正体はアポクリン腺液と言って人でいう、
汗の腺でした。

 汗腺は水分を出す腺(エクリン腺)と
匂いなどを出す腺(アポクリン腺)があります。
ハムスターの場合、エクリン腺は、ほとんどなく、
体臭を形成する、アポクリン腺ばかりです。

 その、アポクリン腺が腫瘍化し、大きくなったのが
今回の腫瘍です。

 手術は飼主さんに待合室で待っていただき、
全身麻酔をかけて行われました。

 手術自体は、約30分で終了しました。

ハムスター 腫瘍

かなり大きな腫瘍であったこと、経過が長かったので
血管が豊富で止血に手間をかけたので、ハムスターの
手術では長い時間となりました。
 飼主さんも、待っている間、かなり心配されたと思います。

 ハムスター 術後

 術後、すぐに覚醒し、歩いている姿を見て
飼主さんも安心されていました。

 ハムスター アポクリン腺腫 術後


 術後は、3時間くらい、病院で経過を診て
夜には帰宅されました。
 
 術後は、抗生剤、抗炎症剤を自宅で飲ませていただきました。
抜糸は、吸収糸で埋没縫合を行うので、ありません。

 元気に、手術が終わり、ハムスターを見つめる飼主さんは
動物の大きさに関係なく、変わらないので、心温まる瞬間です。

 病理の結果、再発はなく、完全に切り取れていると返ってきました。
良かったですね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.