新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ウサギの臼歯の不正咬合の外科手術
 うさぎさんなどのエキゾチック動物である
齧歯類の多くが、奥歯も、前歯も一生伸び続けています。
毎日、歯を擦り合わせて歯が伸びすぎ無いようにしています。

 しかし、何かの要因(外傷、事故、病気などで)
歯をうまく歯を擦れない、また、擦ることができなくなると
いわゆる、不正咬合という病気になります。

 この子は、歯の症状などがなく、
食欲がなくなり、来院されました。

 お腹のレントゲンでは、腸と胃が動いていませんでした。
また、血液検査でも特に異常は認められませんでした。

 お口の中を特別な器具で見ると、
左の上顎の臼歯が伸びており、お口の中を切っていました。

 ウサギ 不正咬合


 飼主さんと、麻酔の必要性があること、また、麻酔のリスクがあること
などを相談し、飼主さんのほうで、すべて納得され麻酔をかけました。

 処置は数分で終了し、すぐに麻酔を切って
酸素のみ吸ってもらい、覚醒後は、1~2時間、病院で
お預かりしておきます。

 早い子は、その日の夕方から食事を食べるようになります。

 ウサギさんの不正咬合の処置法は
ウサギ専用に作られたハサミで歯を切る方法。
 高速回転バーを使用し、切り落とす方法。

 上記の2点になります。

 この子の飼主さんも麻酔を心配されていましたが、
現在、鎮静、麻酔なしでの奥歯の処置は難しいといわれています。

 もちろん、前歯である切歯はとても簡単に処置でき、
麻酔をかけずとも行えることが多いです。

 再発が無ければよいですね。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。