新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

若齢に発生したモルモットの乳腺癌の外科手術
 乳腺癌は人でも、犬や猫でも発生の多い腫瘍と言われています。

 エキゾチックの場合、特にモルモットの乳腺の腫瘍の発生率が上昇しています。
とくに、男の子の乳腺癌の発症が増えています。

 犬や猫でもオスの乳腺腫瘍の発症はたまにありますが、
モルモットの場合、オスの発症が多く来院されます。

 症状はおっぱいが腫れてきたと来院されることが多いです。
この子も、おっぱいが腫れていると来院されました。

 この子の場合、本人も気にしていることもあり、
乳腺もすこし腫れています。

 モルモット 乳腺癌 術前


 乳腺炎の可能性もあるので、抗生剤、止血剤の投与を行い
経過を診ていましたが、飼主さんの希望もあり手術となりました。

 術前に、飼主さんと手術に関する説明を受けていただき
麻酔のこと、手術のこと、手術の良いことなどをお話させいていただきました。

 麻酔管理のため、術前検査として血液検査とレントゲンを撮影しました。
結果は大きな問題もなく、飼主さんも安心されていました。

 手術の際、飼主さんに待合室でお待ちいただき、
手術の経過、手術後の面会などをしていただきます。

 モルモット 乳腺癌 術後


 手術は、30分で終了し、麻酔からも早々の覚めて
飼主さんと面会していただき、数時間、病院でお預かりしました。

 手術後の病理検査結果は『悪性 乳腺癌』と診断されました。
しかし、手術のマージンは切り取れており、転移もないと
返ってきました。

 モルモット 乳腺癌 病理



 モルモットの乳腺癌は、男の子に多く、
さらに、若齢の1歳未満でも起こることから、
最近、モルモットの飼主さんからの問い合わせが増加しています。

 モルモットの乳腺腫瘍の手術は難しくなく、
日帰りで行える手術です。
 手術のリスクより、麻酔のリスクのほうが高いので
手術を受けられるモルモットの飼主さんとは、麻酔に関して
しっかりとお話し、相談のうえ、決めないといけません。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.