新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

肛門周囲腺腫の外科手術と去勢の因果関係
 去勢を行っている患者さんが多くなっていますが、
子供を取りたい、来年くらいにしようと考え、中高齢になっている
ワンちゃんが多くいます。

 この子も、子供を取りたいと考え、去勢手術ができずに
お年を取っていました。

 フィラリア予防の際、肛門のところにイボ状のものがあり、
診察させていただきました。
 診察の結果、肛門周囲腺腫と診断しました。
肛門周囲腺腫とは、皮脂腺が変化した分泌腺の一つで、男性ホルモンが
この分泌腺を刺激することにより、腫瘍化します。
オスの場合、初期のほとんどが良性であるといわれています。
 メス犬にも発生がありますが、メスの場合、副腎疾患を伴い
オスのホルモンの上昇に因果関係があるといわれています。

 肛門周囲腺腫が出来たら、どうすれば良いのでしょうか?
1.小さな腫瘍であれば、去勢手術で縮小することがあります。
2.外科的に切除する。(可能なら去勢手術も同時に行う)。
3.レーザー治療
4.放射線療法
5.化学療法

 4.5は、余程のことが無いと行われず、
本院では、1.2.3のどれかを選択していただいています。

 この子は、麻酔のリスクも低く、また、完治をめざし
2.の外科的切除と去勢を選択していただきました。

術前はこのように、肛門の下、半分に腫瘍ができています。

肛門周囲腺腫 術前

 手術は、術前検査で、麻酔のリスクを確認し、
当日、朝ご飯を抜いて来院していただきます。

 来院され、血管を確保し、点滴を始めます。
本院では、外科手術のほとんどで、術前鎮痛を行っており、
手術での痛みを可能な限り、抑えることをしています。
 術中も、鎮痛剤を投与し、術後の痛みを最低限に抑えています。
特に、肛門周囲の手術はかなり痛いので、疼痛緩和が重要になります。

 手術は、術後、排便障害が起こらないように、
肛門括約筋を残しつつ、腫瘍のマージンも切り取ることが重要です。
 手術中の状態です。

 肛門周囲腺腫 術中

 肛門の筋肉を傷つけず、三角形に切除します。
重要なことは、肛門腺に障害を残さないように切除、縫合を行います。
 肛門の脇に刺さっているのは滅菌綿棒です。
手術の際、肛門腺の場所と、排泄経路の確保を行うため、
このよううに、刺して目視できるようにしています。

 術後は、このようにT字に縫合しています。
肛門は出血が多く、さらに、敏感で、舐めなくても
擦り付ける子が多いので、皮膚の縫合の前に、吸収糸で縫合します。
 皮膚は非吸収糸で縫合し、終了します。
術後は10分で覚醒し、術部を舐めないようにし、夕方に帰宅されました。

 肛門周囲腺腫 術後
 

 手術時間は約40分で終了しました。もちろん、去勢手術も同時に行いました。
術後、病理検査を行い、結果は『良性 肛門周囲腺腫』で
もちろん、転移もなく、喜ばしい結果でした。

 これからは、術前検査で見つかった心臓病の治療に専念したいと思います。

 


 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.