新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

保存療法を行った十字靭帯断裂のコッカー
 前回のブログでも書きましたが、
犬の十字靭帯の断裂もしくは、損傷は
日々の診察でよく見かける整形外科疾患の一つです。

 治療法は、手術を行う場合、
手術を行わない方法の2つあります。

 今回は、手術を行わず、保存療法を選択した時の
治療法を説明したいと思います。

 多く飼主さんが、痛みが無いなら
可能な限り、手術をしたくないと思われます。

 この子の飼主さんも痛いなら可愛そうなので
手術を希望されました。
しかし、年齢が13歳と高齢なこと、
かつ、以前に肝臓の半分を切除し麻酔に対するリスクが
高いことなどから保存療法を選択されました。
 保存療法とは、外固定を行い、
疼痛管理を行い、手術などをせず、治すことです。

 この子は、トーマス・スプリントをいう、
固定器をこの子、専用に作成し、その子にその子に合うように
作らせていただいております。

トーマススプリント

 これが、装着した状態です。
この状態で、2~3週間、長い子では2か月くらい
この状態のこともあります。
治癒率は、論文上では91%(20kg未満)の子が
治癒したと報告されております。

 今までの話を読むと、十字靭帯の断裂は手術の必要性が
無いように、思われますが、保存療法で治癒したほとんどの症例で
将来、変形性関節症に陥るといわれています。

 このことを飼主さんに相談のうえ、
治療法を選択することをお勧めしています。

 この子は、年齢、持病の問題、生活環境などから
手術をせずに保存療法を行いました。
 
 現在は、スプリントを付けながらも
元気に生活をしており、排尿排便も問題なくしています。

 この後は、スプリントを外し包帯でバンデージを行います。
早くて3週間位で痛みが無くなると思います。
痛みが取れると良いですね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.